企業ウケする自己PRを考える基本戦略

evaluation_points2

    企業ウケする自己PRを考えるコツを紹介します。

    ありのままの自分をアピールしようとするよりも、企業の評価ポイントを知った上で対策を練り、「企業がほしい人材」に自分を寄せていく方が内定を取れる確率は高まります。

    面接官は学生をどのように評価してるのか?

    企業が採用したい学生を一言で表すならば、それは「会社の利益に貢献できる人材」です。面接では様々な質問が聞かれますが、全ての質問は「あなたが会社の利益に貢献できる人材かどうか」を判断するためのものです。

    学生が入社後に活躍できるかどうかを判断するために、面接官は次の3つのポイントで学生を評価しています。

    1.「会社に貢献するための能力・資質を持っているか?」→ビジネス能力
    仕事で実際に成果を出すためには、そのための能力や資質が必要になります。企業によって重視しているビジネス能力は異なります。例えば、コンサルタントでは論理的思考能力が必須のビジネス能力ですが、広告代理店やテレビ局では論理的思考能力よりもアイデア力や創造力の方が重視されるでしょう。

    2.「うちの会社に合いそうか?」→人間性
    能力があるだけでは成果を出すことはできません。「会社のカルチャーに合いそうか?」「他の社員とうまくやっていけそうか?」という点もその企業に長く勤める上ではとても重要です。その会社に合う人間性かどうか、一緒に働きたいと思えるかどうかが評価されています。

    3.「この学生は仕事を頑張れそうか?」→モチベーション、将来ビジョン
    「モチベーションの源となる将来ビジョン」も重要な評価ポイントです。「明確な目標」を持っている人ほどモチベーションを維持して努力をすることができるからです。将来ビジョンの有無に加えて、学生の将来ビジョンが企業の事業内容と合っているかどうかもチェックされています。

     

    面接官の評価基準をもとに自己PRを考える

    面接官が学生の何を評価してるのかが分かれば、アピールすべきことも自然と見えてきます。

    面接官が評価しているポイントは学生の(1)ビジネス能力、(2)人間性、(3)将来ビジョンの3点です。つまりあなたがエントリーシートや面接を通じてアピールすべきことは、以下の3点となります。

    • その会社で活躍するための能力があること
    • その会社のカルチャーに合っていること
    • その会社の事業と合致した将来ビジョンを持っていること

     

    面接官の評価ポイント、つまり「企業が欲しい人材」を知り、それに合わせて自分をアピールすることが最も効率的に内定を獲得できる就活戦略です。

    3つの評価ポイントのうち、自己PRでは特に「ビジネス能力」がチェックされています。

    面接官は自己PRを聞きながら「会社で活躍するための能力を持っているかどうか」を評価しているので、自己PRを考える時は「私は御社で活躍するための能力があります」と伝えることをゴールとして考えましょう。

    ちなみに、「人間性」は面接でのコミュニケーション全般を通じて、「将来ビジョン」は志望動機を通じて評価されています。
     

    ありのままの自分をアピールしても内定はもらえない

    ここで重要なポイントとなるのが、「あなたの強み」が「会社が求めている人材」と合っているかどうかです。

    なかなか内定をもらえない学生は、ありのままの自分を見せようとして「自分が最も頑張った経験」や「自分の中で一番の強み」を面接官にアピールしようとします。

    しかし、あなたが「自分の一番の強み」を企業にアピールしたとしても、必ずしもそれが「企業が求めているもの」であるとは限りません。もしかしたら、企業のニーズとは見当はずれな自己PRを作ってしまっている可能性があります。

    相手のニーズを考えずに自己PRの内容を決めてしまうと、あなたのアピール内容と企業の採用基準が合っているかどうかが分からないので、内定をもらえるかどうかは運まかせになってしまいます。
     

    企業の採用基準を知ったうえで自己アピールをする

    内定を取るための自己PRの考え方の基本は、企業の採用基準を知るところから始まります。企業の採用基準を知り、自分の能力の中から採用基準を満たすものを探し出し、それを自己PRのネタにします。

    具体的には、自己PRを考える基本的な流れは以下のようになります。

    1. 志望企業がどんな人材を求めているのかを考える
    2. 自分の強みの中から、企業の採用基準に合っているものを選ぶ
    3. 自己PRのフレームワークに沿って論理構成を組み立てる

    逆に、こちらはやってはいけない自己PRの考え方です。

    1. 自己分析をして自分の強みを見つける
    2. 自分の強みの中から、最も優れたものを選んで自己PRにする

    このように自分を中心として自己PRを考えるのではなく、あくまでも「企業のニーズ」をスタート地点として自己PRを考えましょう。

     

    企業の採用基準を探ることが自己PRを考える最初の一歩

    しかし、企業は新卒の採用基準を基本的には公開していません。

    会社の採用ページなどに少しは書いてありますが、非常に表面的なことしか書かれていないので、自分の足を使って企業の人材ニーズに関する情報を集めてくる必要があります。

    OB・OG訪問などを通じて積極的に社員の方たちに会いに行き、その会社で活躍している人たちがどんなビジネス能力を持っているかを聞き出しましょう。

    できれば、「どんなビジネス能力を、どのように活用しているか」という現場での働き方がイメージできるような話を集めましょう。

    自分の足を使って集めた情報を活かすことができれば、他の人とは被らないオリジナリティのある自己PRを作ることができるようになります。
     

    自己PRの評価ポイントと基本的な考え方のまとめ

    • 企業が採用したい人材は、「将来的に会社の利益に沽券してくれる人材」
    • 企業はエントリーシートや面接を通じて、学生の「(1)ビジネス能力、(2)人間性、(3)モチベーション」を評価している
    • 自己PRでは特に「その会社で活躍するためのビジネス能力があるかどうか」を評価している
    • 「ありのままの自分」をアピールしてもなかなか内定はもらえない
    • 自己分析の考え方の基本は、「企業の採用基準」と「自分の持つ能力」のマッチング
    • OB・OG訪問を通じて志望企業の人材ニーズを探り、それに合わせて自己PRを考える

      いいね!をして「大逆転の就活戦略」の更新情報をチェックしよう!

      コメントを残す