決定版!一流企業内定レベルの自己PRを書く5つの黄金ルール

jiko_pr_golden_rules

    こんにちは、上原@就活アドバイザーです。

    本日は自己PRの作り方について解説します。

    これから紹介する5つのルールを守れば、一流企業から内定がもらえるレベルの自己PRが出来上がります。

    ルール1.アピールする内容を戦略的に決める

    自己PRは闇雲に書き始めてはいけません。

    何をどのようにアピールするのか、自分のアピール戦略を決めてから書き始めます。

    自己PRを考える基本戦略は以下の記事で詳細を説明していますが、「ありのままの自分を見せる」のではなく「企業の採用基準に自分の強みを照らし合わせて最適なものを選ぶ」というのが内定に直結した自己PRを考える戦略となります。

    内定を勝ち取る!企業ウケする自己PRを考える基本戦略
    こんにちは、上原です。一流企業からでも内定がもらえる自己PRを考える基本戦略を解説します。闇雲に自己PRを考えてもなかなか内定レベルのものは出来上がりません。ありのままの自分をアピールしようとするよりも、企業の評価ポイントを知った上で対策を練り、「企...

     
    自分が最も人に誇れる強みや経験をアピールしても、それが企業の採用基準に合っていなければ内定はもらえません。

    逆に、企業が求める人材に合ってさえいれば、自分としてはそこまで強みだと思っていない事をアピールしても、内定はもらえるんです。

    闇雲にアピール内容を考えるのではなく、以下のようなステップで戦略的に自己PRを考えましょう。

    • ステップ1.企業研究で企業の採用基準を知る
    • ステップ2.自己分析で自分の強みや人間性の棚卸しをする
    • ステップ3.自分の強みの中から企業の採用基準を満たしてるものを選ぶ
    • ステップ4.実際に自己PRを考える

     

    ルール2.自分の強みを証明するエピソードを書く

    自己PRでは自分の強みや人間性をアピールします。

    しかし、「私の強みは○○です!」「私には~~ができます!」とアピールしても、それだけでは面接官に信じてもらえません。

    あなたの強みを信用してもらうためには、その強みが実際に生かされた経験を示して、自分の強みを証明しなくてはいけません。

    あなたが伝えたい主張を、自分の体験談などのエピソードを通じて伝えることで、面接官にあなたが強みを発揮してる姿をイメージしてもらいます。

    これは会話ベースだと誰もが日常的に行っていることだと思いますが、エントリーシートや面接の場だとエピソードなしで自分の主張だけを語っている学生が意外にも多いです。

     

    ルール3.自分の強みとエピソードはできる限り具体的に

    自分の強みとそれを証明するエピソードを語れば何でも良いのかというと、そうではありません。

    客観的な事実だけを面接官に伝えても、あなたの主張はなかなか信じてもらえません。

    自分の強みとエピソードを語る時の重要なポイントは、面接官に「具体的なイメージ」を持ってもらうことです。

    「あなたが頑張っている姿、状況、心境などを、出来る限りスッと面接官の頭の中でイメージさせる」というのが自己PRでエピソードを語る時の最も重要なポイントとなります。
     

    そのためには、抽象的な表現や曖昧な表現は避ける必要があります。

    抽象的な表現は人によって解釈が変わってしまうので、あなたの想定通りのイメージを面接官の頭の中に作り出すことができません。

    あなたが考えたこと、実行したことを面接官が頭の中で忠実に再現できるように、出来る限り具体的に書くことを心がけましょう。
     

    例えば、「私には協調性があります」とか「私は好奇心が強い人間です」というのは抽象的な表現に当てはまります。

    「協調性」「好奇心」という言葉は人によって捉え方は様々なので、面接官はあなたの強みに対する具体的なイメージを持つことはできません。

    しかし例えば、
    「私は、人に言われる前に相手のニーズを察して行動することができます」
    「私は興味を持ったものに対しては、できるかどうか考える前にまずはチャレンジしてみる人間です」

    という表現を使うと、面接官はあなたの強みを具体的にイメージしやすくなります。
     

    エピソードを書く時も同様です。

    「部活の試合に勝つために努力しました」とだけ書いても、あなたがどんな努力をしたのかが分からないので面接官はあなたのことを信用できません。

    しかし例えば、
    「自分の試合は全て録画して、改善点を毎試合ノートにまとめました。10冊以上まで増えたノートをもとに自分の弱点を整理し、それぞれの弱点を克服するためのメニューを考えました」
    という書き方をすると、この学生が試合に勝つためのどんな努力をしてきたのかがよく分かります。
     

    このように、自分の強みやその実証エピソードをできるだけ具体的に書くことで、面接官の頭の中にあなたが努力している姿のイメージを作り出してください。

     

    ルール4.自己PRで語るエピソードの選び方

    次に自分の強みを証明するエピソードについてですが、これも何でも良いというわけではありません。

    よくある失敗例は、「誰にでもできる当たり前のこと」を努力したこととしてアピールしている学生です。

    これは逆に「私は当たり前のことでも頑張らないとできません」と告白していることと同じなので、アピールとしては逆効果です。

    どこにでもあるありふれたエピソードをアピールしてしまうと、それは自分が凡庸な人間であることの証明になってしまいます。
     

    自己PRで使うエピソードには、2つの選び方があります。
     

    1つは、「普通の人にはできない突き抜けた経験」を選ぶことです。

    • 普通の人には難しい高い目標を達成した経験
    • 普通の人であれば諦めてしまうような逆境を乗り越えた経験
    • 普通の人は嫌がることを積極的に頑張った経験
    • 普通の経験であっても、そこにユニークな発見があったエピソード

     
    このように他の人にはできないユニークな経験があれば、それは「あなたならではの強みや人間性」の証明になります。
     

    2つ目は、「日常生活の中で自分の個性が表れているエピソード」を選ぶことです。

    誰もが特別な経験をしたことがあるわけではありません。

    大学時代に何か特別な功績を残したわけでもなく、普通にアルバイトやサークルをして過ごしてきた人にとっては、特別な経験をアピールするのは難しいと思います。

    しかし、個性が何もない人はこの世に存在しません。

    本当に個性がゼロな人が存在するならば、それは逆にその人の個性になると思います。

    つまり人間誰しもが何かしらの「個性」を持っているはずで、それは日常的な行動の中に表れています。

    日常的な生活の中で「他の人はあまりやらないけど、自分は意識的(あるいは無意識)に行っている行動」があれば、そこにはきっと他の人にはないあなたの個性が現れているはずです。

    あなたが心の中に秘めている信念や自分らしさが表れている行動であれば、それは自分の人間性のアピールにつながります。
     

    「普通の人にはできない突き抜けた経験」か「日常生活の中で自分の個性が表れているエピソード」の2つが自己PRで選ぶべきエピソードになります。

    逆に「誰にでもできる当たり前なこと」をエピソードとして採用してしまうと、自分を差別化できないので「企業があなたを採用する理由」を作り出すことができません。

    そんな人事に嫌われやすいエピソードについては以下の2つの記事でまとめているので参考にしてください。

    要注意!面接ウケが悪い自己PRのエピソードとは?

    あなたは大丈夫?人事をうんざりさせる自己PRのエピソードを徹底解説

     

    ルール5.自己PRのフレームワーク

    実際に自己PRをエントリーシートで書く時は、以下の順序で書くと自分の伝えたいことがまとまった分かりやすいエントリーシートが出来上がります。

    この流れは面接で自己PRを話す時も同じです。

    自己PRのフレームワーク
    • 結論:自分の強みや人間性を簡単にまとめる
    • 概要:自分の強みを証明するエピソードの概要を書く
    • 目的:なぜその活動に取り組もうと思ったのかを書く
    • 問題:その活動の中で生じていた問題や達成すべき目標について書く
    • 努力:目標達成や問題解決のために行った(自分の強みが生きた)努力や工夫を書く
    • 成果:努力の成果やこの経験を通じて学んだことを書く
    • 抱負:自分の強みを活かしてどのように会社に貢献したいのかを書く

    自己PRの基本構成は、(1)結論部分、(2)実証エピソード(概要から成果まで)、(3)抱負の三部構成になっています。

    実証エピソードの中身(概要、目的、問題、努力、成果)についてはエントリーシートの文字数や面接での話す時間に応じて取捨選択をして大丈夫です。

    実際にこの順番でうまく書けている自己PRの事例を見てみましょう。

    あなたはどんな人ですか(400字~600字)

    結論:私は、相手のために手間を惜しまずに行動できる人間だと思います。

    概要&問題:個別指導のアルバイトをしていたのですが、担当する生徒がほぼ全科目赤点であり、進級すら難しい状況にありました。

    努力:私は彼の成績が伸びない原因は、勉強することの楽しさを知らないことにあると考えました。勉強を楽しむために、できる問題を確実にこなして自信をつける必要があると考えた私は、講義前に一時間ほどかけて、手書きでその日の授業ノートを作成しました。授業ノートには重要なポイントを空欄にしてあり、そこを書き込めば問題を解く上でのポイントがわかるようにしました。手書きノートに自分の手で授業内容を書き込んでいくことで、授業を受ける中で自分が問題を解いた、という達成感が生まれ、自信につながると考えました。初めは授業内容のみだったノートも、予習用、復習用というようにバリエーションを増やすことで、生徒の勉強をサポートしました。

    成果:ノートを作り始めてから、生徒も「自分でもできる気がしてきた。」という感想を漏らすようになりました。そして最終的には生徒の平均点は10点近く上がり、進級することもできました。

    抱負:私はこれからも、他人の目標達成のためなら手間暇を惜しまずに努力していきたいと考えています。

    個別指導のアルバイトの話は毎年多くの学生がアピールしてくるので、人事から見るとうんざりするエピソードの典型例に当てはまります。

    しかしこのエントリーシートの場合、アピールしている強みが「相手のために手間を惜しまずに行動できる」と具体的に書かれいてることに加えて、この学生が生徒のために頑張っている姿を頭の中でイメージできるぐらいエピソードも具体的に書かれています。

    自己PRの文章構成も、(1)自分の強みをアピールする結論、(2)それを証明するエピソード、(3)入社後の抱負、という三部構成ですっきりまとまっていて、とても分かりやすいです。

     

    まとめ:自己PRであなたの強みや人間性を伝えよう

    自己PRはあなたの強みや人間性を伝える場です。

    そこで伝えるべき強みは「会社の採用基準」に適したものでなくてはいけません。

    闇雲にアピール内容を考えるのではなく、しっかりとした企業研究と自己分析に基づいて、戦略的に自己PRを考えましょう。

    また、自分の強みを面接官に信じてもらうためには、自分の強みが生きた経験を証拠として示さなくてはいけません。

    自己PRでアピールする経験に「誰にでもできる当たり前なこと」を選んでしまうと、自分を差別化することができないので「企業があなたを採用する理由」を作り出すことができません。

    エピソードには必ず「普通の人にはできない突き抜けた経験」か「日常生活の中で自分の個性が表れているエピソード」のどちらかを選んで、「自分ならではの強み」か「自分らしい人間性」のどちらかをアピールしましょう。

    最後に、実際にエントリーシートで自己PRを書く時はフレームワークに沿ってまとめると読みやすい文章が完成します。

    (1)自分の強みをアピールする結論、(2)それを証明するエピソード、(3)入社後の抱負という三部構成が自己PRの基本的なフレームワークとなります。

      いいね!をして「大逆転の就活戦略」の更新情報をチェックしよう!

      コメントを残す