2018年卒の就活スケジュールを徹底解説【内定までのやるべき事リスト付き】

611bbaaf4949f2744c4e9118fd1e1a91_s

    2018年卒の就活スケジュールも2017年卒と同じく、3月に就活解禁(エントリー開始)、6月から面接スタートで決定しました。

    これから就活を始める大学3年生の方向けに、2018年卒の就活スケジュールを(1)企業の選考プロセス、(2)あなたが内定までにやるべきこと、という両面から徹底解説します。

    2018年卒の就活スケジュール

    こちらが、2018年卒の就活スケジュールです。

    schedule2018
     

    3月に就活が解禁されると、企業説明会への参加、エントリーシートの提出と一気に忙しくなります。「3月から本格的に就活を始めればいいや」と軽い気持ちでいると、自分の将来についてしっかりと考える暇も無く、あっという間に時間が過ぎてしまいます。

    できるだけ早い時期から就活の準備を始めて、3月からの本番に備えましょう。
     

    まずは企業の選考プロセスについて見ていきます。

    【企業視点】2018年卒の企業の選考プロセス

    インターンシップ:夏~冬

    インターンシップは学生の長期休みである夏休みと冬休みに集中して行われます。採用には直結しない半日~数日の短期間のインターンもあれば、採用に直結する1週間以上の長期インターンもあります。

    大半の企業がインターンシップを開催する目的は、「企業の認知度向上」です。学生の選考目的でインターンを開催している日本企業は少ないです。外資系の企業は採用に直結する長期インターンを募集していることが多いです。

    学生にインターンに参加してもらうことで、「どんな会社なのか」という企業イメージを持ってもらい、本選考の時に優秀な学生にエントリーしてもらうことが企業の目的です。

     

    合同説明会:10月頃~

    リクナビやマイナビなどがたくさんの企業を集めて合同説明会を開催しています。

    6~8月頃にかけては、インターンを募集している企業がインターンに参加する学生を集めるための合同説明会が開催されます。そして10月頃から、本選考に向けて各企業が自社のアピールを行う合同説明会が開催されます。

     

    個別の企業説明会やプレエントリーが開始(就活解禁):3月~

    3月から公式に就活が解禁となります。リクナビやマイナビなどの就活サイトがオープンし、プレエントリーができるようになります。

    この時期から企業は個別の説明会を開催することができるので、個別の企業説明会が一気に始まります。プレエントリー、企業説明会、エントリーシートの提出がラッシュとなります。

    公式な面接開始は6月からですが、企業はできるだけ早い時期から学生を囲い込みたいという理由で、4月頃から「面接体験会」や「社員交流会」という名目で実質的な面接を始めます。

     

    面接などの本選考が解禁:6月~

    6月からは公式に面接が解禁となります。3~5月にエントリーシートを提出し、通過した学生が6月からの面接に呼ばれます。

    というのが表向きの就活スケジュールです。

    実際には4月頃から多くの企業が早期選考を始めるので、5月は面接ラッシュになると思います。5月までの早期選考で勝ち残ることができれば、6月の1週目には企業から公式に内々定が出ます。

    経団連の公式な規定では6月から面接スタートとなっていますが、実際にこの規定を守る企業はごく少数です。表向きに公開されてる就活スケジュールはあくまでも形式的なものなので、実際の選考スケジュールとは異なることを注意しておきましょう。

     

    内々定:4月中旬頃~

    実際の選考スケジュールでは、4月から早期選考が始まり、早い人では4月中に内々定を約束されます。

    2017年卒はエントリーシートの提出締め切りや早期選考のスケジュールが2016年卒よりもかなり早くなりました。2018年卒でもこの流れは継続すると思います。
     

    以上が、企業側から見た採用スケジュールの解説でした。

    次に、就活生の立場から、時期別にやるべき事をまとめます。

    【就活生視点】2018年卒で内定までにやるべきこと

    自己分析と企業研究:就活開始から終わりまで継続的に

    自己分析と企業研究はできるだけ早い時期から始めましょう。

    そして、自己分析と企業研究に終わりはありません。

    面接などの選考を通じて新しい自分を発見することもあると思います。また、就職活動を通じて自分の考え方が変わることもあります。さらには、自己分析とは就活のためだけでなく、社会人になってからも継続的に続けていく活動です。

    自己分析は終わりや答えがあるものではないので、就活と並行しながら続けましょう。

    これは、企業研究でも同様です。合同説明会やインターンへの参加→個別の説明会への参加→OB・OG訪問→面接、という流れで、形を変えて企業説明会も就活を通じて継続的に行っていきます。

    「企業や業界のことを100%完全に理解する」ということはありえません。「ここまでやったら企業研究は終わり」と区切りをつけるのではなく、就活と並行して継続的に企業研究を行いましょう。

     

    夏と冬:インターンシップに参加する

    インターンシップには興味のある会社には必ず参加しましょう。インターンシップには、(1)就活スキルの向上、(2)業界や会社への理解を深める、(3)本選考で有利に働くかもしれない、等のメリットがあります。

    インターンシップに参加するためには、エントリーシートや面接などの選考を通過しなくてはいけません。3月からの本選考の流れをインターンの選考で早い時期から経験することができます。

    エントリーシートの書き方や面接で受け答えなど、就活スキルをインターンの選考で高めることができるので、3月からの本選考に落ち着いて臨むことができます。

    また、インターンではその企業や業界についての理解を深めることができるので、これは後々志望動機を考えるときに活きてきます。仕事内容や他社との違いをインターンを通じてより具体的に知ることができるので、志望動機の説得力が増します。

    さらに、企業によってはインターンへの参加が本選考で有利に働く場合もあります(特に外資系企業)。

    これだけのメリットがあるので、インターンには参加しない理由がないです。できるだけ早い時期から就活を始めて、夏のインターンにはぜひ参加をしましょう。

     

    秋~冬:OB・OG訪問、就活セミナー、自己分析や企業研究・・・

    10月頃からプレエントリーが開始する前までは、本選考に向けての準備期間です。

    OB・OG訪問に行って業界や企業への理解を深め、自分の志望企業を徐々に絞っていきます。

    また、様々なところで開催されている就活セミナーに参加したり、友人と面接の練習会をするなどして、自分の就活スキルを高めます。

    もちろん、冬にインターンシップに参加するのもいいでしょう。

    この時期は、自己分析、企業研究、就活スキルの向上を継続的に行い、3月からの本選考にベストな状態で臨めるように、しっかりと準備をしましょう。

     

    3月~4月:説明会、ES提出のラッシュが始まる

    3月からリクナビなどの就活サイトがオープンし、各企業が公式にプレエントリーの募集を開始します。そして、就活生にとって最も忙しい時期が始まります。

    個別の企業説明会の開催数が一気に増えるので、毎日のようにたくさんの企業に足を運びます。

    また、3月中旬頃からはエントリーシートの一次締め切りがラッシュとなります。志望度の高い企業はできるだけ一次締め切りでエントリーシートを提出しましょう。2次締め切りよりも1次締め切りに応募した方が、内定の確率は高くなります。

    エントリーシートの締め切り後は実質的な面接が3月後半からもう始まります。学生への告知は「面接体験会」や「社員交流会」となっているので、面接じゃないと思って油断して参加すると後で後悔することになります。

    3月~6月頃は、企業説明会、エントリーシート提出、面接への参加が重なり、就活生にとって最も忙しい時期となります。

     

    4月中旬~:内々定をもらう学生が出てくる

    4月中旬頃からもう早期選考で内々定をもらう学生が出始めます。

    経団連が定める公式な就活スケジュールでは、面接解禁は6月になっています。しかし、6月頃までにはほとんどの学生が内定を持っている状態になります。

    複数の会社から内定をもらった場合には、10月の内定式までには採取的に入社する1社を決めましょう。

     

    就活スケジュールのまとめ

    以上が、2018年卒の就活の主な流れになります。

    表向きの就活スケジュールと実際の就活スケジュールには大きな差があるので、リクナビやマイナビに書かれている就活スケジュールをあてにしてはいけません。

    3月から本選考が始まることを前提にして、それまでにしっかりと自己分析や企業研究などの準備をしておきましょう。

      いいね!をして「大逆転の就活戦略」の更新情報をチェックしよう!

      コメントを残す