企業研究の3つのゴールと具体的な手順を徹底解説

analysis_step

    企業研究は会社説明会に参加するだけで終わらせてしまって、自己PRや志望動機により多くの時間を割いている就活生は意外にも多いです。

    しかし、企業研究の成果は自己PRや志望動機の完成度だけでなく、面接官とのコミュニケーションにまで影響を及ぼします。そもそも、ちゃんと企業研究をしていない就活生が説得力のある志望動機や自己PRを作れるわけがないと私は思っています。

    企業研究をないがしろにして内定までの道のりを遠回りしないために、企業研究の目的と具体的なステップについて徹底解説します。

    適当な企業研究はただの時間の無駄である

    たいていの就活本には「企業研究のやり方」について書かれてる章がありますし、就活セミナーでもたくさんの講師が企業研究の重要性について解説しています。就活生ならば誰もが当たり前のように「内定のために企業研究は必須である」と思っているでしょう。

    しかし、多くの就活生は明確な目的意識を持たずに、周りの雰囲気に流されてなんとなく企業研究を始めます。そして、会社説明会や採用ページから表面的な情報を得ただけで満足してしまいます。

    会社説明会や採用ページでは企業の「良い面」しか紹介されていないので、実際の現場や同業他社との違いについてはまったく知ることができません。その結果、表面的な企業研究しかしていない学生は、企業の本当の姿が見えないまま就活を続けることになってしまいます。

    これではなかなか志望企業が決まりませんし、決まったとしても仕事の内容をちゃんと理解できていないので、説得力のある志望動機や自己PRを作ることができません。最悪の場合、「入社してみたらなんか思っていたのと違った・・」という不幸なミスマッチが起きる可能性すらあります。

    適当な企業研究をして表面的な情報ばかり集めても、それではライバルに差をつけることはできずにただの時間の無駄で終わってしまうんです。

     

    企業研究の3つのゴールとは?

    analysis_step1

    闇雲に企業研究を始めてもなかなか成果にはつながりません。

    なので、実際に業界・企業研究を始める前にまずは「企業研究のゴール」を再確認しましょう。

    ゴールを明確にすれば、どんな視点から企業を調べればいいかは自然と見えてくるはずです。

    これから企業研究の3つのゴールについて解説しますが、多くの就活生はゴール1のためだけに企業研究をしていて、ゴール2と3の視点が抜け落ちています。
    当記事を読んでいるあなたは、3つのゴールを全て確認した上で内定に直結した企業研究を効率よく実践してください。

     

    ゴール1:自分の志望企業を見つける

    企業研究の最初の目的は「自分のやりたい仕事や入りたい企業を見つける」ことです。

    そもそも世の中にどんな企業や仕事があるのかを知らなければ、志望企業を決めることはできません。なので企業研究で最初にやるべきことは、世の中にどんな業界や企業があるのかをざっくりと把握することです。

    日経の業界地図を読んだりリクナビ等が主催する合同説明会に参加する等して、いろいろな業界から情報を集めてきましょう。

    最初は様々な業界から幅広く情報を集めまて、その後は自分のやりたいことに合わせて企業の事業内容や働き方などの情報収集に切り替えていきます。

    ゴール1:志望企業を決めるために調べるべきこと
    ・世の中にどんな業界・企業があるのか
    ・企業の業界内でのポジション(市場シェア)
    ・企業の事業内容や特徴
    ・企業の募集職種、社員の人柄

     

    ゴール2:説得力のある志望動機を作る

    企業研究の2つ目の目的は「説得力のある志望動機を作ること」です。

    説得力のある志望動機を作るためには、「あなたの将来の目標」が明確になっていて、かつ「あなたの目標」と「企業の事業内容・将来ビジョン」が合っている必要があります。そのためには、企業の事業内容だけでなく今後の事業計画や将来ビジョンについても調べる必要があります。

    また、「なぜ同業他社のA社ではなく、当社を志望しているのか?」という典型的な質問に答えるために「同業他社との違い」を知らなくてはいけません。

    志望動機で面接官から高評価をもらうためのコツは、他社との違いを伝えた上で「なぜその会社で働きたいのか」を明確にアピールすることです。志望企業の製品やサービス、社員の人柄だけを志望理由にしてしまうと、他の学生と似たような志望動機が出来上がってしまい、面接官に印象を残すことはできません。

    ゴール2:説得力がある志望動機を作るために調べるべきこと
    ・企業の事業内容と将来ビジョン
    ・同業他社との違い(強みと弱み)

     

    ゴール3:的を射た自己PRを作る

    企業研究の3つ目の目的は「的を射た自己PRを作ること」です。

    志望企業ではどんな人が活躍しているのか、どんな人材を募集しているのかを知ることで、的を射た自己PRを作ることができます。なぜならば、企業が求める人材に合った自分の強みをアピールすることで、あなたはその企業にとって「欲しい人材」であると見せることができるからです。

    逆に言えば、「企業が求める人材」を無視して自己PRを考えると、まったく的外れなアピールをしてしまうリスクがあります。

    ゴール3:的を射た自己PRを作るために調べるべきこと
    ・どんな能力を持っている社員が活躍しているのか
    ・企業が新卒採用で学生に求めている素質

     

    3つのゴールから見えてくる企業研究の具体的な手順

    analysis_step2

    企業研究の3つのゴールとそれぞれのゴール達成に向けて調べるべきことを紹介してきました。

    • ゴール1.自分の志望企業を見つける
    • ゴール2.説得力のある志望動機を作る
    • ゴール3.的を射た自己PRを作る

     

    この3つのゴールを達成するために、具体的に以下のステップで企業研究を進めていくことをお勧めします。このステップに沿って企業研究を進めていくことで、それぞれのゴールを達成するための情報を集めることができます。

     

    STEP1.世の中にどんな業界、企業があるのかを知る

    最初は世の中にどんな企業があるのかもよく分からない状態だと思うので、社会の仕組みをざっくりと把握するのが企業研究のSTEP1です。

    日経業界地図などの各業界を網羅的にまとめている本を読んでみて、世の中にどんな企業が存在しているのかを学んでください。企業研究を始めたばかりの頃は、リクナビ等が主催している合同説明会に参加して、いろいろな業界からまとめて情報を集めてくるのもおすすめです。

    この段階では各企業の詳細を調べる必要はありませんが、業界内での各社の市場シェアや最近の業界動向についても簡単に調べておきましょう。

    STEP1で調べるべきこと
    ・世の中にある業界、企業をざっくりと把握
    ・企業の業界内でのポジション(市場シェア)

    STEP1のおすすめ情報ソース
    日経の業界地図日経シェア調査など
    ・リクナビ等が主催する合同説明会

     

    STEP2.企業のビジネスモデルを知る

    次に、STEP1の中で興味を持った企業のビジネスモデルを調べましょう。

    最初は企業のホームページを読んで事業内容を把握することから始めてください。特に、企業の投資家向けページ(IR情報)やアニュアルレポートを読むことを強くお勧めします。

    ここで重要なのが、企業のビジネスモデル(どうやってお金を稼いでいるのか)を知ることです。

    決算短信や有価証券報告書に掲載されている「セグメント情報」を見て、どの事業が稼ぎ頭なのかをまずは調べます。次に、稼ぎ頭の事業に3C分析やSWOT分析などのフレームワークを当てはめて、その事業の特徴(強みや弱み、顧客と競合など)を把握してください。

    いろいろな企業を調べることになると思いますが、どの会社にも同じフレームワークを当てはめて分析することをおすすめします。フレームワークはSWOT分析でも3C分析でもどちらでも良いですが、同じフレームワークを当てはめることで企業間の比較がやりやすくなります。

    STEP2で調べるべきこと
    ・企業の事業内容(何が稼ぎ頭なのか?)
    ・稼ぎ頭の事業のビジネスモデル(どうやって稼いでいるのか?)
    ・企業のSWOT分析(企業の強み、弱み、機会、脅威)
    ・企業の3C分析(顧客、競合、自社)

    STEP2のおすすめ情報ソース
    ・企業のホームページ(特に投資家向けページ、アニュアルレポートがお勧め)
    ・企業の経営者が書いた書籍
    ・OB・OG訪問

     

    STEP3.企業の募集職種・選考情報を知る

    企業のビジネスモデルの次は募集職種と選考情報について調べましょう。

    募集職種については、職種や募集人数などの形式的なことだけでなく、具体的な仕事内容や仕事のやりがい、将来のキャリアパスなども調べる必要があります。

    企業の採用ページにもある程度の情報は掲載されていますが、一番のおすすめはOB・OG訪問に行って実際に働いている人から話を聞いてくることです。

    また、インターンやリクルーター制度の有無、実際の選考プロセスなどの選考情報は早い段階でチェックしておきましょう。unistyleみん就などの「各社の選考情報」が掲載されている就活サービスが参考になると思います。

    STEP3で調べるべきこと
    ・募集職種
    ・具体的な仕事内容
    ・選考情報
    ・仕事のやりがい、つらいこと
    ・入社後のキャリアパス

    STEP3のおすすめ情報ソース
    ・企業の採用ページ
    ・OB・OG訪問
    unistyleみん就

     

    STEP4.同業他社との違いを知る

    志望動機ではほぼ必ず「なぜ他社ではなく当社を志望してるのか?」という質問を聞かれます。これにしっかりと答えるためには、同業他社との違いを理解しておく必要があります。

    同業他社との違いを知るために、まずは日経の業界地図日経シェア調査を読んで志望企業の業界内でのポジションを調べましょう。

    次に、会社のホームページやOB・OG訪問を通じて、「なぜ各社がそのようなポジションになっているのか」を調べます。

    ・シェアが高い企業はなぜ高いシェアを実現することができたのか。
    ・シェアが低い企業はどのようにシェアを上げようとしているのか。

    これを調べていくと、各企業の戦略や強み弱みがよく見えてくるはずです。

    また、事業内容や業界ポジション、戦略の違いだけでなく、「働いている人の違い」についても注目しましょう。

    同じ業界であっても働いている人の特徴やキャラクターはけっこう変わります。その企業のカラーがあなたの価値観と合っているかどうかは必ずチェックしてください。

    STEP4で調べるべきこと
    ・企業の業界内のポジション
    ・そのポジションになっている背景
    ・戦略やビジネスモデルの違い
    ・働いている社員のキャラクターの違い

    STEP4のおすすめ情報ソース
    日経の業界地図日経シェア調査など
    ・業界動向について書かれた本
    ・OB・OG訪問

     

    STEP5.業界・企業の将来イメージを持つ

    最後に、その業界が5~10年後にどのような姿になっているのかをイメージしましょう。

    10年後のイメージが本当に実現するかどうかは分かりませんが、業界・企業の将来像について企業が持っているイメージをあなたも持っておくことが重要です。

    企業とあなたの間で将来イメージが共有できていると、志望動機を作るときに的外れな将来ビジョンを語ってしまうことを防ぐことができますし、時事ネタや業界動向のトピックで面接官と話が盛り上がることができます。

    STEP5で調べるべきこと
    ・最近の業界動向・ニュース
    ・業界の将来見通し(需要が伸びる/減る製品)
    ・企業の中長期ビジョン(中期経営計画)

    STEP5のおすすめ情報ソース
    ・業界動向について書かれた本
    ・業界の専門雑誌
    ・企業の中期経営計画の資料(アニュアルレポートなど)
    ・OB・OG訪問

     

    企業研究のゴールと進め方のまとめ

    ここまで、企業研究の目的と具体的な手順について解説してきました。

    企業研究の3つのゴール
    ゴール1:自分の志望企業を見つける
    ゴール2:説得力のある志望動機を作る
    ゴール3:的を射た自己PRを作る

    企業研究の具体的な手順
    STEP1.世の中にどんな業界、企業があるのかを知る
    STEP2.企業のビジネスモデルを知る
    STEP3.企業の募集職種・選考情報を知る
    STEP4.同業他社との違いを知る
    STEP5.業界・企業の将来イメージを持つ

    企業研究が内定のために必要だと分かっていても、
    「何をどうやって調べれば良いのかよく分からない」
    「周りと同じように会社説明会に行っておけば十分だろう」

    という「なんとなく企業研究をしている就活生」が大半だと思います。

    そんな中で、企業研究に対する目的意識をしっかりと持って企業のビジネスモデルや競合他社との違いをちゃんと理解すれば、それだけで他の就活生と差別化ができます。

    企業研究を深掘りすれば、それが説得力のある志望動機や自己PRにつながります。

    また、業界の動向や企業の戦略、将来ビジョンに詳しくなることで、面接官と業界や企業について対等に議論することができるようになります。

    「面接官と学生」という枠を超えて、面接官と同じ目線でコミュニケーションをとることができれば、面接官に「この学生はちゃんと分かっているな」「入社後もちゃんと頑張ってくれそうだな」と思わせることができるでしょう。

    企業研究は疎かにしている人が意外に多いので、しっかりやればそれだけでライバルに差をつけることができます。

    当記事の企業研究の具体的ステップを何度も読み返して、「あなただけの企業研究ノート」を作って見てください。

      いいね!をして「大逆転の就活戦略」の更新情報をチェックしよう!

      コメントを残す