企業研究ノートを作って効率良く企業を理解する方法【テンプレート付き】

company_note

    効率良く企業研究を進めるためには、企業研究ノートを作って情報を整理するのがおすすめです。

    決められたテンプレートに沿って企業研究ノートに情報をまとめることで、企業同士の比較がやりやすくなり、あなたが考えていることの整理にもつながります。

    当記事では、企業研究ノートで調べるべきポイントやまとめ方のテンプレートを紹介します。

    企業研究ノートを作って情報を整理しよう

    企業研究では企業に関する様々な情報を集めることになります。

    しかし、何を調べるか決めずに闇雲に企業研究を始めてしまうと、集める情報量の多さに混乱してなかなか前に進めません。また、一度調べた内容を忘れてしまって、後で同じことをもう一度調べるなんてことにもなりかねません。

    こうなるのを防ぐために私が強くお勧めしているのが「企業研究ノート」を作ることです。

    企業研究ノートには、企業について調べたこと、会社説明会やOB・OG訪問で学んだこと、あなたの志望理由ややりたい仕事などをまとめていきます。1冊のノートに企業に関する情報を整理しておくことで、調べた内容を後からでも簡単に見返すことができます。

    企業研究ノートを作ることで、以下のようなメリットを得られます。

    • 調べた内容を後から見返すことで記憶に定着する
    • 同じことを何度も調べてしまう二度手間がなくなる
    • あらかじめ調べる項目を決めておくことで企業研究に迷いがなくなる
    • 自分の考えも整理することができる
    • 同業他社との比較がやりやすくなる

     

    企業研究ノートを作るときのポイント3点

    続いて、企業研究ノートを作るときのポイントを3つ紹介します。

    Point 1. 全ての会社を同じフォーマットで整理する

    企業研究ノートを作る時は、調べる項目をあらかじめ決めておきます。そして、決められたフォーマットに沿って企業について調べていき、ノートに記入します。

    このように企業研究のテンプレートをあらかじめ作っておくことで、何を調べたら良いのか迷う必要がなくなり、効率良く企業研究を進めることがでいます。

    また、同じフォーマットで情報を整理しておけば企業間の比較もやりやすくなります。企業研究ノートで調べる項目、つまり「企業研究ノートのテンプレート」についてはこの記事の後半で紹介します。

     

    Point 2. 後で追記しやすいように余白を残しておく

    企業研究ノートに完成形はありません。新しいことを学んだらその都度アップデートする必要があります。

    そのために、適度に余白を残しておいて後からでも情報を追加しやすいようにしておきましょう。後からその都度情報を追加することになるので、通常のノートよりもルーズリーフを使った方がまとめやすいと思います。

    企業について調べた事実だけでなく、あなたが感じたことも日常的にノートに書き留める習慣をつけておくことで、自分の考えを整理することができます。

     

    Point 3. 企業説明会に参加する前に予習のつもりで作成する

    企業研究ノートを作るタイミングですが、個別の会社説明会に参加する前に予習のつもりで作りましょう。

    業界地図や合同説明会で興味のある会社が出てきたら、そのタイミングで作り始めてください。

    そして、個別の会社説明会やOB・OG訪問で新たに学んだことや感じたことがあれば、その都度ノートに記入する習慣を作りましょう。
     

    企業研究ノートの作り方まとめ
    • 企業研究で調べた内容は1冊のノートに全てまとめましょう。
    • 企業研究ノートを作ることで、調べた内容を後から見返すことができたり、企業間の比較がやりやすくなります。
    • あらかじめ調べる項目を決めておき、企業研究のテンプレートを準備しておきましょう。
    • 同じフォーマットに沿って企業研究を進めることで、調べるときに迷いがなくなりますし、企業間の比較もやりやすくなります。
    • 企業研究ノートに完成形はありません。その都度情報をアップデートすることになるので、既成のノートよりもルーズリーフでまとめることをお勧めします。
    • 企業研究ノートは個別の会社説明会やOB・OG訪問に参加する前に予習のつもりで作り始めましょう。

     

    企業研究ノートのテンプレート

    company_note2

    それでは、企業研究ノートのテンプレートを紹介します。

    以下のテンプレートに沿って調べた内容やあなたの考えをまとめてくことで、効率良く企業研究を進めることができます。

    企業の基本的な情報
    • 企業名:
    • 事業内容:事業セグメント、販売製品・サービス、ビジネスモデルなど
    • 企業理念:経営理念、将来ビジョン、社会的な存在意義など
    業界内でのポジションや同業他社との違い
    • 業界内ポジション:市場シェア、
    • 他社との違い:強みと弱み、社風の違いなど
    • 競合他社:ライバル企業はどこなのか
    最近の動向や将来の見通し
    • 最近の動向:最近のニュースリリース、新聞記事の内容、業界動向など
    • 将来見通し:事業の将来性、市場の見通し、脅威など
    • 企業課題:企業の弱み、課題など
    仕事内容
    • 仕事の内容:具体的な職種と仕事内容
    • 企業が求める人材:活躍する社員の特徴、求められるスキルなど
    自分が感じた印象
    • 会社説明会の感想:説明会やOB訪問であなたが感じたこと
    • 社員・職場の印象:社風、職場の雰囲気、社員の特徴など
    • 志望する理由:その会社に興味を持った理由、やりたい仕事など
    採用情報
    • 選考情報:過去の選考情報、ESの内容、面接での評価ポイントなど
    • 募集人数:職種別の採用人数、内定難易度など
    • 給料:平均年収、30歳での給料、福利厚生など
    • 労働条件:ワークライフバランスなど

     

    今すぐ企業研究ノートを作り始めよう

    以上が企業研究ノートの作り方とテンプレートの紹介でした。

    企業研究をするときはあらかじめフォーマットを決めて、1冊のノートにまとめることを強くおすすめします。

    そうしないと、いろいろな情報を行ったり来たりして時間を無駄にしてしまいます。

    当記事を読んだ方は、今すぐノート作成に取りかかりましょう!

      いいね!をして「大逆転の就活戦略」の更新情報をチェックしよう!

      コメントを残す