OB訪問で必ず聞いておくべき質問リスト30選

obog_qa

    OB訪問の成果を内定へとつなげるためには、しっかりとした目的意識を持って事前に質問を準備しておくことが大切です。

    OB訪問で聞くべき質問の具体例を目的別にリスト化し、各質問のポイントをまとめました。

    OB訪問に行く時は目的意識を持とう

    難関企業からの内定が欲しいのであればOB訪問は必須だと思ってます。

    会社や仕事の内容について詳しくなる絶好の機会ですし、OB訪問で聞ける話は自己PRや志望動機を作るためのネタの宝庫だからです。

    しかし、しっかりとした目的意識を持たずにOB訪問に行ってしまうと、せっかくの機会を無駄にしてしまう可能性があります。その場で思いついた質問を適当にするだけになって本当に聞くべきことを聞けなかったり、ただ雑談をしただけで終わってしまう場合もあります。

     

    OB訪問に行く3つの目的とは?

    では、就活生はどのような目的意識を持ってOB訪問に行くべきなんでしょうか?

    私は、OB訪問に行く目的は大きく分けて以下の3つがあると考えています。

    • 仕事の内容や会社についての理解を深める
    • 自分がやりたい仕事、働きたい会社を見つける
    • 企業が求める人材を探って自己PRや志望動機のネタにする

    これからOB訪問で聞くべき質問のリストを紹介しますが、ここで紹介する質問は全てこの3つの目的のどれかに結びついています。

    OB訪問に行く時は自分なりの目的意識を明確にして、その目的を達成するための質問を事前に準備しましょう。

     

    OB訪問で聞く質問はOB・OGの立場や役職によって変えるべき??

    OB訪問で質問する時に意識すべきことがもう1つあります。

    それは「相手によって質問の内容を変える」ということです。
     

    もともと面識のある社員に会う場合と、人事部から紹介されたOB・OGに会う場合

    もともと面識のあるOB・OGに会いに行く場合と、人事部や大学から紹介されたOB・OGに会いに行く場合とでは、聞くべき質問がまったく変わってくるので注意してください。

    面識のあるOB・OGに会いに行く場合は、普通では聞きにくい質問を遠慮なく聞いてしまいましょう。給料や福利厚生、会社の実情などでも気軽に質問してください。

    しかし人事部から紹介されたOB・OGに会いに行く場合、それはもしかしたらリクルーター面接も兼ねているかもしれません。相手に悪い印象を与える可能性のある質問はできるだけ避けましょう。
     

    OB・OGの年次や役職によっても変わってくる聞くべき質問

    また、OB・OGの年次や役職によっても聞く質問が変わってきます。

    若手社員にOB訪問に行く時は、仕事の内容や就活のアドバイスを中心に伺いましょう。会社の戦略や同業他社との違いを聞いても、若手社員の場合だとあまり知らない可能性があるからです。それよりは若手の仕事内容やキャリアの考え方、就活生だった時の体験談を聞いた方が参考になります。

    逆に部長や課長クラスのOB・OGに会うときは、仕事の内容よりももっと会社全体に関わる質問を積極的にしましょう。業界の課題や競合との違い、会社の戦略などについてです。

    部長クラスの仕事内容を聞いても、あなたがその仕事をするようになるまでには時間がかかります。部長クラスの仕事内容に憧れて入社してしまうと、入社後に期待と現実のギャップが大きくてショックを受ける可能性があります。
     

    OB訪問で絶対に聞くべき質問集

    1d7d295f6d0b4e485091473cea4e7e5e_s

    OB訪問に行く時は目的意識を持ち、その目的を達成するために質問を考えます。

    また、OBの役職や立場によっても聞くべき質問が変わってきます。

    これらのポイントを意識した上で、以下の4つのジャンルに分けてOB訪問で聞くべき質問の具体例をご紹介します。

    • 1.仕事を理解するための質問
    • 2.会社を理解するための質問
    • 3.会社が求める人材を探るための質問
    • 4.選考情報や就活のアドバイスを聞く質問

     

     

    1.仕事を理解するための質問

    OB訪問で聞くべき質問の具体例
    • 入社してから今までどんな仕事をしてきたのか教えてください
    • 仕事の内容について具体的に教えてください
    • 1日の仕事の流れを教えてください
    • その仕事の難しいところはどんなところですか?
    • その仕事の楽しいところはどんなところですか?
    • 今までで一番やりがいを感じたのはどんな時ですか?
    • 今後はどのようなキャリアを考えていますか?
    • 御社に入社後はどのようなキャリアパスがあるのでしょうか?

    これらの質問は志望動機を作る時の参考になりますし、まだやりたい仕事が決まっていない人にとっては将来の目標を決めるきっかけになるはずです。

    志望動機では「入社後にやりたいこと」を語る必要がありますが、仕事内容が分かっていないと表面的で内容が薄い志望動機になってしまいます。「OB・OGがどのように働いているのか」「その仕事のどんなところが楽しい/大変なのか」を知れば、志望動機を作る時の参考になります。仕事の内容、そして入社後のキャリアパスについて具体的にイメージできるようになるまで質問をしましょう。

    まだやりたい仕事や入りたい会社が決まっていない人は、いろいろな会社にOB訪問に行って仕事の内容ややりがいについてたくさん情報を集めましょう。たくさんのOB・OGから話を聞いているうちに、自分がやりたい仕事にもきっと出会えるはずです。
     

    2.会社を理解するための質問

    OB訪問で聞くべき質問の具体例
    • 入社前のイメージと入社後の現実でギャップを感じたことはありますか?
    • 就職活動の時になぜこの会社を選んだんですか?
    • この会社を選んで良かったと思ったのはどんなときですか?
    • 同業他社と比較した御社の特徴(強み、弱み、戦略など)を教えてください
    • 業界の将来見通しを教えてください
    • 業界内における御社のポジションを教えてください
    • 御社の課題を教えてください
    • 部署の異動などはありますか?
    • 職場の雰囲気はどんな感じでしょうか?

    これらの質問は入社前と入社後のギャップをなくすのに役立ちますし、説得力のある志望動機を作るためには絶対に必要な情報を集めることが出来ます。

    より自分に合った会社に入社するため、あるいはより将来性のある会社に入社するために、その会社の特徴や同業他社との違いはきちんとおさえておく必要があります。業界内の各社の特徴を知って、最も自分に合っている会社を選びましょう。

    また、志望動機では必ず「御社は業界の中でも○○な特徴を持っており~」と会社独自の強みや特徴に触れることになります。OB訪問を通じてその会社の戦略や特徴を学んでおけば、説得力の志望動機を作ることが出来ます。

    リクルーター制を採用してる会社のOB訪問でこれらの質問をする時は、一工夫を加えることでOB・OGにあなたの印象を強く残すことができます。それは、「私は御社の強みは○○だと思うのですが、実際のところはどうなのでしょうか?」と自分の意見を述べながら質問をすることです。ここで的確な意見を述べることが出来れば「この学生はちゃんと調べているし優秀そうだな」という印象を持ってもらえます。
     

    3.会社が求める人材を探るための質問

    OB訪問で聞くべき質問の具体例
    • 御社で活躍している人としていない人にはどんな違いがありますか?
    • 御社で活躍すためにはどんな能力が必要になりますか?
    • 御社で活躍するために学生のうちにやるべきことがあったら教えてください
    • 就活をしていた時にはどんな自己PR・志望動機をアピールしていましたか?
    • 御社ではどのような人材を求めていますか?

    面接やエントリーシートでアピールする自己PRと志望動機では、「その会社が新卒に求める素質を自分が持っている」と伝えることが内定への一番の近道です。そのためには「その会社がどんな人材を求めているのか」を知る必要があります。

    しかし、会社説明会や採用ホームページには「こんな人材を求めています」という情報が掲載されていますが、残念ながら非常に表面的でどこの会社も似たようなことが書かれています。その会社の「リアルな採用基準」を知るためには、実際にその会社で働く人達から聞くのが一番です。

    この時のポイントは「御社はどのような人材を求めてますか?」と直接的に聞くのではなく、「御社ではどのような人が活躍してますか?」と間接的に聞くことです。

    前者のように質問をしてしまうと、採用ホームページに書かれているような抽象的な答えが返ってくるだけです。

    一方で「御社ではどのような人が活躍してますか?」という聞き方をすると、OB・OGは活躍している上司や同僚を具体的に思い浮かべながら答えることになります。そしてよりリアルで具体的な「その会社で活躍するための条件」を知ることができます。

    企業の採用基準を探るための質問をする時は、OB・OGが実際に働いている社員を具体的にイメージするような質問の仕方を意識しましょう。
     

    4.選考情報や就活のアドバイスを聞く質問

    OB訪問で聞くべき質問の具体例
    • 先輩の内定までのプロセスについて教えてください
    • 面接ではどんな質問をされましたか?
    • 自己PR、志望動機は何をアピールしていましたか?
    • 学生時代はどんな活動をしていましたか?
    • 御社のエントリーシート、面接での注意点があったら教えてください
    • 自己PR、志望動機を添削してもらえないでしょうか?
    • 私の印象はどうですか?内定の可能性はあるでしょうか?
    • どうしても御社に入りたいんですがどうすればいいんでしょうか?

    若手社員にOB訪問をする時は、就活をしていた際にどのような自己PRと志望動機をアピールして内定をもらったのかを必ず聞きましょう。OB・OGはその企業の採用基準をクリアした人達です。その人達がアピールしていた内容を知ることで、自分が目指すべきレベルが明確になります。

    自己PRと志望動機の添削をお願いしたり、内定のためのアドバイスを直接聞いてしまうのも良いと思います。
     

    OB訪問では聞いてはいけないNG質問

    5e6a428684ccfd4cb1adc2b5ad5de7db_s

    続いて、OB訪問で聞くとマイナス評価になってしまう質問を紹介します。

    よほど仲の良いOB・OGを除けば、ここに書かれている質問をするのは避けた方が無難です。
     

    調べればすぐに分かる質問は聞かない

    OB訪問で避けるべき質問
    • 御社の事業内容を教えてください
    • 御社の売上や利益の規模はどれぐらいですか?
    • 海外はどこに拠点がありますか?

    会社のホームページに書かれているような基本的な質問をするのは避けましょう。

    調べればすぐに分かるような質問をしてしまうと、
    「この学生はこんな基本的なことも知らないのか」
    「つまりうちの会社への志望度はきっと低いんだな」

    とOB・OG訪問に思われてしまいます。

    OB・OGの方達は仕事が忙しい中でも時間を作って就活生に会ってくれています。彼らの時間を無駄にするような基本的な質問をするのはやめて、「実際に働いている人にしか分からないような生の情報」を聞く質問をしてください。
     

    意識の低さが伝わる質問は避ける

    OB訪問で避けるべき質問
    • 月の残業時間はどれぐらいですか?
    • ノルマはきついですか?
    • サービス残業・休日出勤はありますか?
    • 離職率はどれぐらいですか?

    これらはとても気になることではありますが、OB訪問では聞かない方が無難です。人によっては「意識の低い学生だ」という印象を持たれてしまうリスクがあります。

    サークルの先輩など仲の良いOB・OGつながりで情報を仕入れるか、Vokersなどの転職者向けのクチコミサイトを活用しましょう。
     

    給料や福利厚生に関する質問は避ける

    OB訪問で避けるべき質問
    • 給料はどれぐらいですか?
    • 福利厚生はどんなものがありますか?
    • 有給休暇の消化率はどれぐらいですか?

    給料に関する質問は失礼なので避けておきましょう。福利厚生や有給休暇に関する質問もモチベーションの低さが伝わってしまう可能性があります。

    これらも先ほどの質問と同様に、仲の良い先輩や転職者用の繰り込みサイトを活用して情報を集めましょう。
     

    OB訪問をするときの神ツール!会いたい社員を気軽に探せるサービスが開始

    「OB訪問したいけどその会社に誰も知り合いがいない…」
    「どうやってOBを探せばいいのか分からない…」

    そんな時はOB・OGを気軽に探せる「ビズリーチ・キャンパス」がおすすめです。

    多くの社員が登録しているので、人気企業の社員であっても簡単に見つかります。

    実際に私もビズリーチ・キャンパス経由でOB訪問を申し込まれて学生と会った経験がありますが、とても簡単に学生と社会人をマッチングしてくれます。

    これからOB訪問をしようと思ってる人は、ビズリーチ・キャンパスを使っていろいろな社会人に会いに行ってみましょう。

    ビズリーチ・キャンパスに無料で登録してみる
     

      いいね!をして「大逆転の就活戦略」の更新情報をチェックしよう!

      コメントを残す