自己PRや志望動機はできるだけ具体的に書く【エントリーシートの極意】

    数百人のエントリーシート(ES)を添削してきて分かった「選考を通過しやすいエントリーシートの書き方」 をお伝えします。

    本日のポイントは、
    「自己PRや志望動機は、具体的に書くことが重要 」
    です。

     

    エントリーシートを書くときはできるだけ具体的に書くことを意識してください。

    面接官があなたのエントリーシートを読んだとき、あなたが頑張っている光景やその会社で働いている姿が頭の中に思い浮かぶぐらい、エピソードや志望動機を具体的に書きます。
     

    学生時代に頑張ったことを具体的に書くコツ

    学生時代に頑張ったことを書くときは、
    (1)どのような問題や壁に直面していたのか
    (2)その壁を乗り越えるためにあなたが行った努力
    (3)努力の結果得られた成果
    の3点を具体的に書くことが重要です。

    「(1)問題や壁」は、その壁を乗り越えることの大変さが分かるように書きましょう。先人達のこれまでの失敗例や、客観的にハードルの高さが分かる情報を書くと良いでしょう。

    「(2)努力の内容」は、実際にあなたが行った努力の内容を具体的に書きます。あなたがとった行動に加えて心情の変化まで合わせて書くと、面接官はより具体的なイメージを持つことができます。

    「(3)努力の成果」は、数値の変化(売上の向上など)や第三者からの評価(受賞歴)を書くとより伝わりやすいです。
     

    自己PRを具体的に書くコツ

    自己PRを書くときのコツは、抽象的な言葉を避けることです。

    ・コミュニケーション能力
    ・行動力
    ・分析力
    ・リーダーシップ
    ・好奇心

    これらの言葉はありきたりすぎて、面接官は「あなたがどういう人間か」をイメージすることはできません。

    例えば、コミュニケーション能力にもいろいろな種類があります。

    相手の話を理解する能力や巧みな話術、グループでの議論を円滑に進める能力など、「コミュニケーション能力」と一言でまとめるには能力の幅が広すぎます。

    自己PRを作るときはもう一歩踏み込んで、より具体的にあなたの強みを説明できるようにしておきましょう。

    また、抽象的でありきたりな言葉を使っても他の就活生との差別化はできません。

    自己PRを書くときはあなたの強みを詳細に、具体的なエピソードに基づいてアピールすることが重要です。
     

    志望動機を具体的に書くコツ

    志望動機を書くときは、
    ・あなたが入社後にやりたい仕事と中長期のキャリアプラン
    ・なぜ他の会社ではなくその会社を志望しているのか
    の2点を具体的に書く必要があります。

    そのためには、企業研究を通じて志望企業とその同業他社について詳しくなる必要があります。

    積極的にOB・OG訪問に行き、
    ・若手社員がどういう仕事をしているのか、
    ・若手社員がどのようなキャリアプランを思い描いているのか、
    ・中堅以上の社員がどのようなキャリアを歩いてきたのか、
    という情報を集めましょう。

    そして志望企業だけでなく同業他社にも積極的にアプローチし、「志望企業と同業他社を比較する視点」を持つことが重要です。

     

    エントリーシート実例 学生時代に頑張ったこと

    エントリーシートの実例と改善ポイントを見ていきましょう。こちらは私が過去に添削をした、日本ハムのエントリーシートです。

    学生時代に頑張ったこと(企業名:日本ハム)
    私が注力したことは【SNSを使った広告活動】です。
    現在あらゆる業界が国内市場で競合し、世界進出しています。その中でプロモーション活動はとても重要になると考え、自分も体感すべくゼミの研究で広告活動に挑戦しました。活動当初はwebや書籍の知識を基に企画書を作成し、お店に営業しましたが相手にしてもらえませんでした。その原因として「広告に対する知識不足」、「信頼関係の薄さ」があると私は考えました。そこで広告代理店4社に訪問を行い、現場の方からお話を聞くことで効率よく知識をつけました。それからお店に足繁く通い、市場調査と共にコミュニケーションをとることで信頼関係構築に努めました。訪問で得たノウハウと市場調査の結果を基に「お店に合わせた企画書」を作成することで説得力が向上し、お店に通っていたので顔を覚えてもらうこともできました。その後そのお店への営業は成功し、某カフェと広告活動を行うことができました。

    このエントリーシートでは、直面していた問題点も努力の内容も、得られた成果についてもほとんど具体的に書かれていません。

    その結果、読み終わってもこの就活生が何をしたのかがよく分かりません。

    エントリーシートを改善するためには、
    ・何のプロモーション活動をしていたのか
    ・どのように信頼関係を築いたのか
    ・どのような「お店に合わせた企画書」を作成したのか
    の3点をより具体的に書く必要があるでしょう。
     

    エントリーシートの極意のまとめ

    エントリーシートはできる限り具体的に書く
    具体的に書くためのポイントは以下の通り

    • 頑張ったことでは、(1)直面した壁、(2)努力の内容、(3)努力の成果、の3点を具体的に書く
    • 自己PRでは、「抽象的な言葉」を使わない
    • 志望動機では、(1)やりたい仕事、(2)なぜ他の企業ではなくその企業なのか、の2点を具体的に書く

     


     

    私の無料の就活マニュアルでも、エントリーシートの書き方や面接でのノウハウを解説しています。興味のある方は以下より無料でダウンロードして下さい。

    外資系企業の採用担当者が書いた無料の就活マニュアル

      いいね!をして「大逆転の就活戦略」の更新情報をチェックしよう!

      コメントを残す