「志望動機」のエントリーシート(ES)フレームワーク

    「志望動機」をエントリーシートで書く時に役立つ、文章構成のフレームワークをご紹介します。

    このフレームワークに沿ってエントリーシートを書くことで、面接官により伝わりやすい、ロジカルなエントリーシートが出来上がります。

    あくまでも「文章構成」のフレームワークなので、他の学生と同じ文章になることはありません。

    「志望動機」のエントリーシート(ES)フレームワーク

    「志望動機」を書くときは、以下の順番で文章を書くと分かりやすいエントリーシートが出来上がります。

    「志望動機」のエントリーシート(ES)フレームワーク

    • 夢:自分が将来達成したいと考えている夢を語る
    • 背景:なぜそのような夢を持つようになったのか
    • なぜその業界:目標達成のため、なぜこの業界を志望しているのか
    • なぜその職種:具体的にどんな仕事をしたいのか
    • なぜその企業:同業他社ではなくその企業を志望している理由
    • 未来:入社後の働き方の目標や意気込み

     


     

    それぞれの項目で何を書くべきか、具体的に解説します。

    (1)夢
    最初に自分の中期的な夢を語ります。これはあなたの働くモチベーションの源でもあります。

    「世界平和」とか現実離れしたものではなく、「その企業に入社してから達成したい自分の中期的な目標」を書きます。

    ここでの目標は、志望している企業の事業にかかわることや、利益に直結するものを選びましょう。

    自分の目標が見つからないという人は、積極的にOB・OG訪問に行き、社会の先輩たちが「どんなモチベーションで働いているのか」を聞いてまわりましょう。

    働くモチベーションの源を明確にし、将来の夢を語ることで、面接官に「この学生と一緒に働きたい」と思わせます。

    (2)背景
    自分の夢を語るだけでなく、その夢を持つきっかけとなった自分の経験も書きます。

    これによって、「自分の夢に対する想い」に説得力を持たせることができます。

    面接官に共感されないエントリーシートの典型例は、この「背景」の部分が抜けています。

    きっかけとなった経験なしに夢を語っても、口先だけの軽い言葉に聞こえてしまいます。

    (3)なぜその業界
    志望動機の基本的な流れは「なぜその業界?なぜその職種?なぜその企業」の3つの質問に答えることです。

    詳細はこちらの記事参照。
    志望動機を考えるための3つの質問【エントリーシートの極意】

    自分の夢とその業界のつながりをもとに、なぜその業界を志望しているのかを書きます。

    なかなか思いつかない人は、「なぜ他の業界ではだめなのか?」と考えると違う視点から自分の志望業界を見ることができます。

    (4)なぜその職種
    続いて、「なぜその職種?」の質問です。

    具体的に自分がやりたい仕事について書きます。

    ここは企業研究をどれだけちゃんとやってきたかで差がつきます。

    OB・OG訪問などを通じて、社員が実際にどんな働き方をしているのか情報を集めましょう。

    学生が志望動機で語っている「やりたい仕事の内容」が実際の仕事内容とずれていることがけっこう頻繁にあります。

    そうすると面接官は「その仕事はうちではできないから、この学生は落としておこう」と思ってしまうんです。

    「自分の夢」と「実際の仕事内容」とのつじつまの合った「自分のやりたい仕事」をアピールしましょう。

    (5)なぜその企業
    そして、「なぜ同業他社ではなく、その企業を志望しているのか」を語ります。

    志望している企業の強みや特徴、他社との戦略の違いを調べて、それを志望理由とするのがやりやすいです。

    ここでもOB・OG訪問で集めた情報が活きてくるはずです。

    OB・OG訪問に行ったら必ず「同業他社にはない御社の特徴は何ですか?」と聞きましょう。

    また、企業の中期経営計画の説明資料も戦略を知るために役に立ちます。

    (6)未来
    最後にまとめとして、自分の夢とやりたい仕事、入社後の意気込みなどを簡単にまとめます。

    具体的な志望理由をここまで語ってきたので、自分の気持ちの強さや意気込みなどを見せて、面接官の心を動かしましょう。
     

    最後に

    以上が、「志望動機」を書くときのエントリーシートのフレームワークです。

    このフレームワークに沿って文章を書くことで、面接官にメッセージが伝わりやすいロジカルなエントリーシートが短時間で出来上がります。

    また、一流企業内定者のエントリーシートをこちらからダウンロードすることができます。
    一流企業の内定者のエントリーシートを無料プレゼント中

    今回紹介したフレームワークと内定者のエントリーシートを、あなたがエントリーシートを書くときの参考にしてみてください。

      いいね!をして「大逆転の就活戦略」の更新情報をチェックしよう!

      コメントを残す