エントリーシートの「One Episode, One Message」の原則

    今日はエントリーシートを書くときの1つの原則についてお話します。

    今日お話する原則とは「One Episode, One Message」です。

    エントリーシートでも面接でも、1つの設問につきアピールするポイントは1つに絞りましょう。

    自分の強みをたくさんアピールしたい気持ちはよく分かりますが、自分に自信がない人ほど、いろんなことをアピールしようとします。

    しかし、アピールポイントを盛り込めば盛り込むほど、1つ1つの濃度は薄くなってしまうんです。

     

    エントリーシートは文字数が限られてしまっています。
    一般的には400文字ぐらいの字数制限が多いですね。

    ただでさえ限られた文字数なのだから、限られた文字数を最大限に活用して自分をアピールしなければいけません。

    400文字という字数制限を考えると、アピールできる数はどうしても1つだけに絞られます。400文字で2個も3個も自分の強みをアピールしようとしても、面接官には伝わりません。

    何個も自分の強みを盛り込んだエントリーシートを書いても、面接官には「けっきょくこの学生はどんな学生なのかよく分からない」と思われてしまうだけです。

     

    エントリーシートを書くときは、「これだけは絶対に伝えたい!」という自分の強みを1つ決めてください。

    そして、400文字という字数をフル活用して、1つのアピールを相手に納得させるための想いを込めます。

    また、自分の強みを1つアピールするために、何個も経験を語る必要はありません。

    自分の強みが最も活きた経験を1つ挙げて、そのエピソードを元に自分の強みをアピールしましょう。

     

    自分の主張に説得力を持たせる方法はこちらの記事も参考にしてください。

    エントリーシートの説得力を持たせる唯一の方法

    短いですが、本日の就活記事は以上です!

      いいね!をして「大逆転の就活戦略」の更新情報をチェックしよう!

      コメントを残す