エントリーシート通過率を95%以上にするための10の条件

    エントリーシートがなかなか通過しなくて悩んでいる就活生も多いのではないでしょうか。私のところにもエントリーシートの悩みは毎日のように寄せられます。

    残念ながら、多くの就活生がエントリーシートで同じ間違いをしています。
    でも何が正しくて何が悪いかが分からないため、間違いを何度も繰り返します。

    あなたのエントリーシートはなぜ通過しないのか?

    エントリーシートの通過率を一気に上げるための条件を10個まとめました。
    この記事を読んで、自分のエントリーシートの書き方を見直してみてください。

     

    勝ち組エントリーシートの十ヶ条

     誤字脱字は絶対にNG

    誤字脱字は絶対にだめです。
    誤字脱字が1つでもあったら不合格にする会社もあります。
    書き終わったら最低2回は見直しましょう。

     
     文章は分かりやすく簡潔に

    基本的に面接官は1人1人とエントリーシートをじっくりとは読みません。
    長い文章や、難しい言い回しを使った読みにくい文章だと、そもそも読まれないこともあります。
    誰が読んでも理解できるぐらい分かりやすく書きましょう。

     
     結論ファースト:最初の1文に自分の想いを込める

    エントリーシートの最初の1文はとても重要です。
    ここの出来次第で、面接官が2文目以降を読んでくれるかどうかが決まります。
    エントリーシートの最初の1文は、2文目以降を読ませるために書くんです。
    最初の1文にあなたのメッセージを全て込めて、結論から書き始めましょう。

     
     設問に素直に回答しているか?

    凝ったエントリーシートを書くのも良いですが、ちゃんと設問に対して素直に答えているかも必ずチェックしてください。
    最後まで読んでみて結局何が言いたいのか分からないエントリーシートがとても多いです。
    最初の1文で簡潔に、素直に結論を述べましょう。

     
     伝えたいメッセージは明確になっているか?

    あなたが伝えたいメッセージは明確になっていますか?
    そしてあなたの文章からそのメッセージは相手に伝わりますか?

    闇雲にエントリーシートを書き始めても、あなたの思いは相手に伝わりません。
    「これだけは絶対に伝えたい!」というメッセージを最初に決めて、それを伝えるために制限字数をフル活用しましょう。

     
     論理的な文章構成になっているか?

    限られた文字数で相手にメッセージを伝えるためには、論理構成がしっかりとしていなければいけません。
    エントリーシートを書き終えたら、自分の文章の論理構成だけを取り出してみてください。
    途中で論理の飛躍はないか、余計な情報が含まれていないかを確認しましょう。

     
     会社の説明ばかりになっていないか?

    エントリーシートは「あなたのこと」を書くところです。
    会社の説明を書いても何の意味もありません。

    例えば志望動機で
    「御社には○○○の強みがあるため~~~」
    「グローバルな事業展開をしている御社で~~~」
    と語っても、けっきょくあなたが何をしたいのかは面接官に伝わりません。
    エントリーシートでは「あなたが考えていること」を書いてください。

     
     「あなたの言葉」で書かれているか?

    そこに書かれている言葉は、ほんとうにあなたの言葉でしょうか?

    「成長したい」、「社会に貢献したい」
    こんな誰もが使っている言葉を書いても、あなたの想いは伝わりません。

    「成長」「貢献」という言葉にも、いろいろな意味があります。
    あなたの目指す成長はどこに向かっているのでしょうか?
    あなたにとって貢献とは何をすることなんでしょうか?

    あまり抽象的な言葉は使わないことをお勧めします。

     
     エピソードが具体的に書かれているか?

    エントリーシートでは奇抜な経験を書いて差別化をする必要は全くありません。
    平凡な経験でも、「良いエントリーシート」と「悪いエントリーシート」があります。

    その違いが、「エピソードの具体性」です。
    たとえ平凡なエピソードであっても、掘り下げていくと独自な人間関係、思考、イベントがたくさん見つかります。
    それを表現するためには、「とにかく具体的に書くこと」がポイントです。

     
     単なる日記になっていないか?

    エピソードはただ具体的に書けばいいというわけではありません。
    よくある失敗は、起きた出来事をただ羅列して書いただけで、あなたの苦労や努力、学んだことが何も伝わらないエントリーシートです。
    日記のようなエントリーシートを書くのではなく、文章にメッセージを込めましょう。

    以上の10個が、勝ち組エントリーシートを書くための条件です。
    提出する前に、この記事を読んで自分のエントリーシートをチャックしてみてください。

    勝ち組エントリーシートの十ヶ条
    ①誤字脱字は絶対にNG
    ②文章は分かりやすく簡潔に
    ③結論ファースト:最初の1文に自分の想いを込める
    ④設問に素直に回答しているか?
    ⑤伝えたいメッセージは明確になっているか?
    ⑥論理的な文章構成になっているか?
    ⑦会社の説明ばかりになっていないか?
    ⑧「あなたの言葉」で書かれているか?
    ⑨エピソードが具体的に書かれているか?
    ⑩単なる日記になっていないか?

      いいね!をして「大逆転の就活戦略」の更新情報をチェックしよう!

      コメントを残す