もうインターン選考で悩まない!インターン選考のタイプ別攻略法

internship_type

    インターンを企業視点で分類すると3つのタイプに分けられるのですが、それぞれ学べる事も選考プロセスもまったく異なります。

    この違いを知らずにインターンに申し込んでしまうと、選考プロセスで見当はずれなことをアピールしてしまうリスクや、参加してみたものの期待していたものとまったく違ったというリスクがあります。

    そこで、インターンのタイプ別の特徴や選考プロセスの攻略法をまとめました。

    企業の目的で分類するとインターンには3つのタイプがある

    インターンにはいろいろな種類があります。

    例えば開催期間によってインターンを分類すると、半日から数日間の短期インターンと、数週間以上の長期インターンがあります。他にも、インターンの内容によってセミナー型、プロジェクト体験型、実働型に分けることもできます。

    しかし、インターン選考の対策を考えるためには、企業のインターン開催目的によって分類するのが一番分かりやすいと思います。

    企業の目的別にインターンを分類すると以下の3つのタイプに分けられるのですが、どのタイプに参加するかによって、学べる内容や企業の選考基準が変わります。

    インターンの3つのタイプ
    • 企業PR型:企業が知名度向上のために開催(主に日系大手)
    • 採用直結型:インターンの成果が内定に直結(主に外資系・ベンチャーが開催するが、近年は増加傾向にある)
    • アルバイト型:企業が労働力確保のために開催(主にベンチャー)

    それぞれのインターンの特徴や採用基準は以下で詳しく説明しますが、これからインターンに参加しようと思っている人は「自分が応募するインターンはどのタイプに当てはまるのか」をまずは見極めてください。

    応募するインターンのタイプに合わせて適切な志望動機や自己PRを考えることで、インターンの採用率はぐっと上がるはずです。

    それでは、3つのタイプについて詳細を解説します。

     

    企業PR型インターンの内容とメリット・デメリット

    575bac85c22df69d6edff53da9a7e374_s

    企業PR型インターンとは?

    企業PR型は企業が自社の知名度向上のために開催するインターンです。

    日系の大手企業が開催する短期インターンはこのパターンが多いですが、知名度の低いBtoB企業や中小企業もよくPR活動の一環としてインターンを開催しています。

    インターンの内容は、ゲーム形式で仕事を体験するものや、セミナー形式で事業内容について理解してもらうセッション、社員との交流会などがあります。インターンの期間は短いもので半日、長くても数日間です。

     

    インターン参加のメリットとデメリット

    企業PR型インターンには以下のようなメリットとデメリットがあります。

    インターン参加のメリット
    • その企業に対して詳しくなれる
    • 同じ業界を目指している就活仲間に出会える
    • 志望動機を考えるときのネタになる
    • 短期間なので時間がない学生でも参加できる
    インターン参加のデメリット
    • 企業PRが目的なので企業の良い面しか見ることができない
    • 参加してもその後の選考活動で有利になることはない
    • 採用直結型やアルバイト型に比べると学べることが少ない

     

    採用直結型インターンの内容とメリット・デメリット

    7a0de9f73b4ffa8309b42379a4553364_s

    採用直結型インターンとは?

    採用直結型のインターンは、その名の通りインターンが採用活動を兼ねています。企業はインターンを通じて学生の働き方を見て、内定を出すかどうかを判断します。

    インターン直後に内定を出さなくても、インターンでの成績優秀者に本選考で別ルートを用意している企業もあります。

    インターンの期間は数日間の短期から数週間に渡って行われる長期インターンもあります。長期インターンでは給料が出る場合も多いです。普通のアルバイトに比べると時給も高いので、アルバイト感覚で受ける就活生もいます。

    インターンの内容は、実際の業務を体験したもらうタイプが多いですが、与えられたプロジェクト課題(例えば新規事業の立案など)に取り組むタイプもあります。

    インターンの参加が内定に直結するので、3タイプの中では最も高い優先度で受けることをお勧めします。

    採用直結型のインターンは例えば以下のような企業が開催してます。

    採用直結型のインターンを開催している企業(外資系)
    • 外資系金融
      ゴールドマンサックス、モルガンスタンレー、JPモルガン、メリルリンチ、Citi、ドイツ証券、クレディスイス、バークレイズ、UBS
    • 外資系コンサルティング
      マッキンゼー、ボストンコンサルティング、ベイン、ATカーニー、ローランドベルガー、アクセンチュア
    • 外資系消費財メーカー
      P&G、ユニリーバ、日本ロレアル

     

    この3業種の夏インターンは基本的にほとんど全てが採用直結型だと思っていいです。倍率も非常に高い難関インターンですが、その分インターンに参加するだけで「優秀な学生だ」という箔がつくので、他企業の選考も少し有利になります。

    インターンで高評価をもらった学生にはメンターが付き、その後の選考を有利に進めることができます。インターン後にそのまま面接に進み、内定へとつながるケースもあります。

    採用直結型のインターンを開催している企業(日系)
    • 採用直結型のインターンを開催している日系企業
      電通、博報堂、野村証券、大和証券、東京海上日動、リクルートなど

     

    経団連に参加している日系大手企業の場合、インターン直後に内定が出ることはありません。しかし、インターンの成績優秀者はエントリーシートや1次面接が免除された別ルートで本選考を受けることができます。

    採用直結型のインターンを実施している企業は他にもいろいろあるので、先輩や就活仲間から情報を集めまて、優先的に参加するようにしましょう。

     

    インターン参加のメリットとデメリット

    採用直結型インターンには以下のようなメリットとデメリットがあります。

    インターン参加のメリット
    • インターンで高評価をもらえれば夏の時点で内定をもらえる
    • 外資系企業の長期インターンに参加すると他企業の選考も有利になる(外資系企業のインターンに採用されるぐらい優秀な学生だというレッテルが貼られるため)
    • 社員とのつながりを作ることができる
    • 企業の事業内容、仕事内容、雰囲気などを肌で感じることができる
    • 普通にアルバイトするよりも高い給料をもらえる
    • 本選考での志望動機や自己PRでのネタになる
    • 本選考と同様の選考プロセスを受けるので、本番前の良い練習になる
    インターン参加のデメリット
    • 長期間拘束されることになるので、忙しい学生は参加できない
    • インターンでの評価が低いと本選考で相手にされないリスクがある

     

    アルバイト型インターンの内容とメリット・デメリット

    D0011_udemakuri120140830142912_TP_V

    アルバイト型インターンとは?

    アルバイト型のインターンは、ベンチャー企業が労働力確保のために「インターン」という名目で開催しているものです。

    採用直結型の長期インターンで給料が出るタイプもありますが、ここではそれを除いて考えます。

    ベンチャー企業が「インターン」という名目で学生を募集することで、意識・スキルが高い学生の労働力を確保することができます。

    学生の立場からすると、「普通のアルバイトよりも勉強になる仕事ができそう」というイメージがあるので、本来のインターンの意図である「就業体験」ができて、「アルバイトとしてお金を稼ぐこともできる」という一石二鳥のインターンです。

    アルバイト型インターンは、時間のある大学1~2年生にぜひ受けてもらいたいです。早い時期から社会で働くことを経験することでスキルも磨けますし、卒業後の進路について考える良いきっかけになると思います。

     

    インターン参加のメリットとデメリット

    アルバイト型インターンには以下のようなメリットとデメリットがあります。

    インターン参加のメリット
    • お金を稼ぐことができる
    • 社会経験を積んで自分のスキルを磨くことができる
    • 業界について詳しくなれる
    • 本選考の時の自己PRや志望動機のネタになる
    • 普段は出会えない人に出会えて、自分の世界を広げることができる
    インターン参加のデメリット
    • 長期間拘束されるのに採用直結ではないので、忙しい人には向かない
    • 就活生よりは、どちらかというと大学1~2年生向け

     

    インターンのタイプ別攻略法

    企業PR型インターンの選考対策

    企業PR型のインターンの場合、企業はたくさんの就活生を集めたいと思っているので選考のハードルは低いです。

    志望動機を考える時は「その会社・インターンのどこに興味を持ったのか」「なぜ興味を持ったのか」「そのインターンで何を学びたいのか」の3点を書けば十分です。

    採用直結型インターンとは違い、自分の将来ビジョンや志望度の高さをアピールしなくても大丈夫だと思います。

     

    採用直結型インターンの選考対策

    一方で、採用直結型インターンは企業PR型に比べると倍率が格段に高いので、本選考を受ける時と同じぐらい準備をしてから臨んでください。

    志望動機も「その会社に興味を持ったから」程度のありきたりなものを書いてしまうと、まず間違いなく落とされます。

    採用直結型インターンの選考に通過するためには「自分には将来の夢があり、御社のインターンに参加することで夢の実現に向けて一歩近づく」という明確なメッセージを志望動機で伝える必要があります。

    このメッセージを伝えるために以下の点を志望動機に含めると良いでしょう。

    志望動機に含めるべきポイント
    • 自分の将来の目標
    • なぜそのような目標を持つようになったのか
    • 将来の目標実現に向けてどのような努力をしてきたのか
    • インターンで興味を持った点、学びたいこと(インターンへの参加が将来の夢の実現につながる)

     

    アルバイト型インターンの選考対策

    アルバイト型インターンの場合、企業は「志望度の高い学生」を採用したいのではなく「労働力として即戦力になる学生」を採用したいと思っています。なので、面接では「志望度の高さ」よりも「能力の高さ」のほうが重視されます。

    しかし仕事内容に対する興味関心がないと長く働いてくれないと思われてしまうので、その業界・仕事内容に対する興味関心の高さをアピールする志望動機を作るように心がけてください。

     

    おわりに

    インターンは企業の目的別に3つのタイプに分けられることを紹介してきました。

    インターンの3つのタイプ
    • 企業PR型:
      ・企業が知名度向上のために開催(主に日系大手)
      ・志望動機では「その会社・インターンのどこに興味を持ったのか」「なぜ興味を持ったのか」「そのインターンで何を学びたいのか」の3点を伝える
    • 採用直結型:
      ・インターンの成果が内定に直結(主に外資系・ベンチャーが開催するが、近年は増加傾向にある)
      ・志望動機では「自分には将来の夢があり、御社のインターンに参加することで夢の実現に向けて一歩近づく」という明確なメッセージを伝える
    • アルバイト型:
      ・企業が労働力確保のために開催(主にベンチャー)
      ・志望動機ではその業界・仕事内容に対する興味関心の高さをアピールする

    採用直結型のインターンはその会社の内定に直結するだけでなく他の企業の選考の結果にも影響を与えるので、最優先で受けましょう。そして、時間があるときに企業研究や就活仲間を作る目的で企業PR型インターンに参加すると良いと思います。

    就活本番まで時間がある大学1~2年生はベンチャー企業のアルバイト型インターンに参加して自分のスキルを磨いたり就活本番でアピールするネタを作るのもお勧めです。

    インターンの種類によって選考で重視されるポイントが変わってくるので、自分が参加するインターンが3つのタイプのどれに当てはまるのかまずをはっきりさせて、それからそれぞれのタイプに合わせて志望動機や自己PRを考えるようにしましょう。

      いいね!をして「大逆転の就活戦略」の更新情報をチェックしよう!

      コメントを残す