1次面接を通過するコツを伝授!1次面接で企業が見ている3つの評価軸

    1次面接での企業の評価軸や1次面接の通過率を上げるコツについて紹介します。

    なかなか1次面接を通過できずに悩んでいる学生はぜひ読んで下さい。

    これを読めば、あなたが今まで1次面接で落とされてきた原因と1次面接を通過するための方法が全て分かります。

    1次面接の役割を知る

    1次面接の役割は「足切り」です。

    面接官は「内定を出す人を選ぼう」というよりも「2次面接で上の人に会わせても問題なさそうな人を選ぼう」という足切りを行う感覚で学生を評価しています。

    1次面接では「優秀な学生が選ばれる」のではなく「問題がありそうな学生が落とされる」という認識を持っておいたほうが、就活生としても対策が立てやすいです。

    「清潔感やマナーといった社会人としての一般常識」「コミュニケーション能力などの基礎能力」「入社に対する意欲」などで問題があると思われなければ、1次面接は通過することができます。

     

    面接官は1次面接で何を評価しているのか?

    1次面接の面接官は通常は若手社員です。

    採用活動の経験が浅い社員が面接を行うことになるので、ビジネス能力を見抜く選球眼はあまりありません。

    質問の内容も志望動機や自己PRといった基本的なものが多くなり、奇抜な質問はあまりされません。

    なので1次面接では、人間性やモチベーションの高さといった「ぱっと見で分かりやすそうな項目」が主に評価されると思っていてください。

    1次面接の合否の基準は「優秀かどうか」よりも、「社会人としての一般常識・基礎能力」や「志望度の高さ」の方がはるかに重要になります。

     

    1次面接の評価軸:社会人としての一般常識・基礎能力

    社会人としての一般常識・基礎能力として主に評価されているのが「身だしなみ等のマナー」と「コミュニケーション能力」です。

    具体的には、以下のような項目が面接中にはチェックされています。

    社会人としての一般常識の評価ポイント
    • 正しい言葉遣いができているか?
    • 社会人として恥ずかしくない身だしなみができているか?
    • 服装や髪型に清潔感はあるか?
    • 姿勢はきれいか?
    • マナーは適切か?
    • 第一印象は良いか?
    社会人としての基礎能力の評価ポイント
    • 聞かれた質問に対してしっかりと回答できているか?
    • 自分で考えたことを、自分の言葉で喋っているか?
    • 丸暗記してきた内容をそのまま喋っていないか?
    • はっきりと自分の意見を言えるか?
    • オドオドした喋り方をしていないか?
    • 面接官の目を見て喋っているか?
    • 話は長過ぎないか?
    • 分かりやすい説明ができているか?
    • 会話のキャッチボールができているか?

    これらの基本的な項目で悪い評価がついてしまうと、「まだ社会に出る準備ができていない」とみなされて1次面接で落とされてしまいます。

    面接官である若手社員の立場から考えてみれば、これはある意味では当たり前です。

    1次面接を通過させた学生は、2次面接以降で自分よりも上の役職の社員から面接をされることになります。

    ここでマナーが悪い学生やコミュニケーション能力が低すぎる学生を通過させてしまうと、2次面接の面接官の間で「あんなデキの悪い学生を1次面接で通過させたのは誰だ」という話が挙がってしまいます。

    つまり1次面接で基本的なマナーや能力に欠ける学生を通過させることは、面接官である若手社員にとってはリスクでしかないわけです。

    その結果、「優秀そうな学生を通過させよう」というよりも「問題がありそうな学生を落として無難な学生を通過させよう」というネガティブチェックの流れになるわけです。

     

    1次面接の評価軸:志望度の高さの評価ポイント

    1次面接で基礎能力や常識と同様にチェックされているのが「志望度の高さ」です。

    志望度の低い学生を2次面接以降に進めても時間の無駄ですので、1次面接ではビジネス能力以上に志望度の高さが重視されます。

    具体的には、以下のような項目が志望度の高さとして面接中にチェックされています。

    志望度の高さ
    • 入社後にやりたい仕事を具体的にイメージできているか?
    • 学生がやりたい仕事が会社の事業内容と合っているか?
    • 志望理由から本気度が伝わってくるか?
    • 企業研究で会社のことをちゃんと調べているか?
    • 同業他社ではなく当社を志望している理由をちゃんと語れるか?
    • 10年後の長期的なキャリアビジョンを持っているか?
    • 将来のやりたい仕事に向けて現在進行形の努力をしているか?

    面接官は学生に志望動機や入社後にやりたい仕事、なぜ他社ではなくうちなのか、という質問を投げかけながら、入社に対する意欲を評価しています。

    ここでの評価の一番のポイントは、入社への本気度が伝わってくるかどうかです。

    少なくとも上に挙げた質問に対してちゃんと答えることができなければ、志望度の高さを示すことはできません。

     

    1次面接では見た目や話し方がとても重要

    1次面接の面接官は若手社員なので、学生の本質的な能力まで深く見抜く能力はありません。

    また、個人面接ではなく集団面接の形式を取っている企業も多いです。

    なので1次面接では、学生が話すアピールの中身よりも、見た目や話し方といった「表面的なこと」に結果が左右されやすいです。

    つまり、第一印象がとても重要になってきます。

    この点では美男美女の方が1次面接では有利になりそうですが、第一印象は訓練次第でコントロールすることができるので、以下の点を意識しながら自分の第一印象を磨きましょう。

    第一印象を磨くために意識すべきこと
    • 正しい姿勢を身につける
    • 必要に応じてジェスチャーを交えながら話す
    • 相手の目をまっすぐ見て話す
    • 目に力を入れて話す
    • 話のテーマに合わせて表情を変える
    • 笑顔を交えながら話す
    • 話に抑揚をつける(棒読みにならない)
    • 大きな声でハキハキと喋る
    • 清潔な見た目を心がける(髪型や髭、化粧など)
    • 話すスピードは早すぎず、遅すぎず(緊張すると早くなりがちなので注意)

    これら10個の項目を意識しながら、面接での第一印象を磨いてください。

    自分が話している姿を録画しながら面接の練習をすると、客観的に自分の悪いところを見つけることができるのでおすすめです。

     

    1次面接を通過する人と落ちる人の違い

    「優秀な学生を通過させる」のではなく、「問題がありそうな学生を足切りする」のが1次面接の役割です。

    なので1次面接では、「清潔感やマナーといった社会人としての一般常識」「コミュニケーション能力などの基礎能力」「入社に対する意欲」などの「基本的な項目」が評価されています。

    また、学生の話の中身よりも、見た目や話し方といった「学生の第一印象」が1次面接を突破するためには非常に重要です。

    つまり、どれだけ頭が良い学生であっても、会話のキャッチボールができなかったり身だしなみやマナーが悪かったりすると1次面接では落とされてしまいます。

    逆に言えば、地頭が少し足りない学生であっても、清潔感のある見た目で明るくハキハキと喋っていれば、1次面接は合格することができます。

      いいね!をして「大逆転の就活戦略」の更新情報をチェックしよう!

      コメントを残す