運や相性に左右されず、確実に面接を突破するカリスマ内定者の戦略

    面接の結果が「運」や「相性」で決まるなんて大嘘だ

    既に内定をもらった先輩にアドバイスをもらいに行くと、「最後は運だよ」とか「面接官との相性が良かった」という答えが返ってくることがよくあります。

    たしかに、運や相性が面接の結果に影響することもあります。

    しかし、それが当てはまるのは二流の就活生です。

    何社からも内定をもらうカリスマ内定者達は、運や相性といった普通であれば「しょうがない」と諦めてしまう要素までコントロールし、確実に志望企業からの内定を勝ち取ります。

    彼らはいったいどのように面接対策をしているのでしょうか?

    運や相性に左右されない面接の攻略方法について、これから解説します。

     

    企業には明確な「採用基準」が存在する

    面接の結果が運や相性で決まると思っている学生も多いようですが、実際の面接には明確な「採用基準」が存在しています。

    どんな能力を重視して評価するのか、どんな学生を採用したいのか、という基準があらかじめ決められているんです。

    そしてその採用基準をもとに、面接で特に重視してチェックする項目をまとめた「面接評価シート」が作られます。

    面接官はその面接評価シートに沿って学生を評価しているので、面接官の間では「どんな学生を通過させるか」という明確な基準が出来上がっています。

    このような明確なルールに基づいて採用活動を行うことで、面接官の主観によって学生の評価がばらついてしまうのを防いでいるんです。

    明確な採用基準が存在しているので、面接の結果が運や相性だけで決まることはありえません。

     

    採用基準が分かれば面接を有利に進められる

    企業の採用基準について、学生は簡単に知ることはできません。

    しかし何社からも内定をもらうカリスマ内定者たちは、様々な手段を使って企業の採用基準を探り、それに沿って自分をアピールすることで有利に面接を進めています。

    採用基準という面接のルールを戦略的に攻略することができれば、運や相性に左右されることなく内定を勝ち取ることができるんです。

     

    面接対策の前にあなたがまずやるべきこと

    逆に就活が運や相性で決まると言っている人達は、企業の採用基準のことを意識せずに自分の好きなように志望動機や自己PRを作っています。

    それではたしかに、自分のアピール内容が企業の採用基準に合致するかどうかは運次第になってしまいます。

    もしあなたがどうしても入りたいという企業があるのであれば、闇雲にアピール内容を考えて結果を運に任せるよりも、企業の採用基準をしっかりと把握して戦略的にアピール内容を考えた方が、内定の確率ははるかに高くなると思います。

    なので、この記事を読んでいるあなたが面接対策のためにまずやるべきことは、企業の採用基準を把握することです。

    企業が学生を評価しているポイントが分かれば、面接で何をアピールすれば良いのかは自然と見えてくるはずです。

     

    面接官が学生を評価している3つのポイント

    企業が面接を通じて知りたいのは「この学生は将来の会社の利益に貢献してくれるかどうか」です。

    つまりは「あなたが会社で活躍する素質を持っているかどうか」を面接を通じて判断しているんです。

    どうやって「活躍できそうかどうか」を判断しているのかというと、面接官は次の3つのポイントを基準にして学生を評価しています。

    • モチベーション→あなたは将来何がしたいのか?
    • ビジネス能力→あなたは何ができるのか?
    • 人間性→あなたはうちの会社に合いそうか?

     

    面接官が本当に知りたいのは、この3つだけです。

    どんなに難しい質問であっても、その質問の裏にはこの3つのポイントのどれかが隠れています。

    面接官の評価ポイント1:モチベーション

    どれだけ高いビジネス能力を持っていても、どれだけその会社のカルチャーに合っていても、企業はモチベーションが低い社員を採用したいとは思いません。現在の能力が他の学生よりも多少劣っていたとしても、高いモチベーションさえあればその後の成長速度も速くなるはずだからです。学生が将来の目標を持っているかどうか、そしてその目標が企業の事業内容と一致しているかどうかがチェックされています。

    面接官の評価ポイント2:ビジネス能力

    企業の利益に貢献するために求められる能力や資質、行動特性を面接官は評価しています。特に、知識や経験といった表面的な能力よりも、個人の行動特性や考え方などのより深層的な特性が重視されています。

    面接官の評価ポイント3:人間性

    「会社のカルチャーに合いそうか?」「他の社員とうまくやっていけそうか?」という点も長くその企業に勤める上ではとても重要です。なので、面接官はあなたのコミュニケーション能力、マナー、性格、考え方などを見ながら、その会社に合う人間性かどうか、一緒に働きたいと思えるかどうかを評価しています。「この学生となら一緒に働きたいな」と思ってもらえるような人間性のアピールが必要になってきます。

     

    面接で評価されるビジネス能力の例

    モチベーション、ビジネス能力、人間性が面接で評価されているポイントですが、この中でも特に重要なのが「ビジネス能力」です。

    企業や業界、職種によって新卒学生に求められるビジネス能力は異なります。

    例えば、冷静さ、誠実さ、素直さ、柔軟性等のようにどんな職種・企業でも求められる共通の能力もあれば、親密性、傾聴力、プレゼンテーション力のように営業職で特に求められるだろう能力もあります。

    ビジネス能力には様々な種類がありますが、企業が求める基本的なビジネス能力については、経済産業省がまとめた「社会人基礎力」が参考になります。

    basic_skills

    「社会人基礎力」は上の図のように「前に踏み出す力」「考え抜く力」「チームで働く力」という3つの能力と、それぞれの能力を構成する合計12個の要素から成り立っています。

    これらは国が考える「社会人として活躍するために必要な基礎的な能力」です。

     

    企業が求める能力を理解して面接を戦略的に突破する

    社会人基礎力の図を参考にしながら、まずは自分の志望企業ではどんな能力が特に重視されているのかを考えてみましょう。

    その会社で活躍するために必須の能力があれば、それは面接で必ずチェックされています。

    企業が求める能力と自分が持つ能力を照らし合わせてみて、自分に不足しているものがあれば強化する努力をしましょう。

    企業が求める能力の中から自分に備わっているものが見つかれば、それは面接で積極的にアピールすべきあなたの強みになります。

    このように、何社からも内定を勝ち取るようなカリスマ内定者は、闇雲にアピール内容を考えるのではなく、企業が求める能力を見極めてからそれに合わせて自分をアピールします。

    闇雲に自分をアピールをしているようでは、内定を運まかせにしている二流就活生と同じになってしまいます。

    企業の採用基準という面接のルールを知り、正しい戦略を実践して確実に面接の突破しましょう。

      いいね!をして「大逆転の就活戦略」の更新情報をチェックしよう!

      コメントを残す