面接でよく聞かれる人間関係・チームワークに関する質問の対策法まとめ

teamwork_qa

    面接でよく聞かれる人間関係やチームワークに関する質問を一覧にしました。面接官がその質問をする意図と就活生がどのように答えるべきかの対策法についてもまとめています。

    1.「どんなタイプの人が苦手ですか?」

    質問の意図
    あなたの苦手なタイプを知ることで、あなたの人柄や価値観が見えてきます。また、苦手な人とでもうまく人間関係を築けるかどうかもチェックしています。
    面接攻略のワンポイント・アドバイス
    • ただ苦手なタイプを答えて終わりにしてはいけません。なぜその人を苦手と感じてしまうのか、納得のいく理由も一緒に答えましょう。
    • 苦手なタイプや理由の答え方によっては、あなたの短所が浮き彫りになってしまう可能性もあります。そうならないために、苦手なタイプには「一般的に苦手だと感じる人が多い人柄」を挙げて、苦手だと感じる理由も合理的なものを用意しましょう。
    • 苦手な人と付き合うときに心掛けている対処法も答えることで、あなたのコミュニケーション能力の高さや柔軟性も一緒にアピールすることができます。

     

    2.「苦手な上司とはどのように付き合いますか?」

    質問の意図
    職場で良い人間関係を築けそうか、目上の人に対してどのような態度をとる人なのかをチェックしています。
    面接攻略のワンポイント・アドバイス
    • 苦手な人に対しても自分からコミュニケーションを取りに行くような積極性をアピールしましょう。
    • 「苦手な人とは関わらない」というスタンスは自分の世界を狭くしてしまいます。たとえ苦手な上司であっても、「目上の人から少しでも何かを学んでやろう」という姿勢をアピールしてください。
    • サークル・部活やアルバイトなどで苦手な先輩とうまく付き合ってきた実体験があると、説得力が増します。

     

    3.「他人と意見が対立した時はどうしますか?」

    質問の意図
    チーム内で意見が対立することは日常的によく起こります。そんな時にあなただったらどのように対応するのかを知るために聞いている質問です。チームで働いて、実際にそのような場面をうまく対処した経験があるのかどうかも見ています。
    面接攻略のワンポイント・アドバイス
    • NGな回答例は、(1)自分の意見を押し通す、(2)衝突を避けるために議論しないで相手の意見を優先する、という極端な対処法です。
    • 人によって対処方法は異なるでしょうが、無難な回答は「感情的にならずに自分と相手の意見の優れた点・改善すべき点を知り、論理的に正しい答えを導き出そうとする姿勢」を示すことです。
    • 相手の意見と自分の意見の違いを理解した上で、両者が納得する新しい答えを見つけ出したエピソードを語ることが理想です。

     

    4.「チームの中であなたはどのような役割になることが多いですか?」

    質問の意図
    あなたの働き方をイメージするための質問です。チームでの成果に貢献するためにどのように考え、どのように行動してきたのかをチェックしています。
    面接攻略のワンポイント・アドバイス
    • 必ずしもリーダー経験が一番評価されるわけではありません。特に、サークルやアルバイトでのリーダー経験をただ話すだけでは、内定には届きません。
    • 重要なのは、チームで成果を出すために必要な役割や要素を考える戦略的な思考と、主体的にチームに貢献する行動をとれたかどうかです。
    • あなたの役割を一言で表すようなキャッチフレーズがあると、面接官がイメージしやすくなります。

     

    5.「あなたは友人からどんな人だとよく言われますか?」

    質問の意図
    あなたの性格や人間性を知るための質問です。ストレートに「あなたの性格は?」と聞いても準備された答えが返ってくるだけなので、質問の角度を変えてあなたの本当の人柄を探ろうとしています。また、他のアピール内容との一貫性もチェックしています。
    面接攻略のワンポイント・アドバイス
    • 正直に友人たちからの評判を答えるのではなく、「あなたがアピールしたい人柄」を中心に回答を作りましょう。
    • 自己PRと矛盾した回答をするのはマイナス評価ですが、必ずしも自己PRの内容と一致してる必要はありません。
    • むしろ、他の質問でアピールしていないあなたのセールスポイントをアピールするのにこの質問を利用しても良いです。幅広い人間性や意外な一面などを前面に押し出し、面接官に興味を持ってもらうのも一つの戦略です。

     

    人間関係・チームワークに関する面接質問の対策法まとめ

    面接官は苦手な人に対する対処法や意見が対立した場合の行動を知ることで、あなたの人間性やコミュニケーション能力を探ろうとしています。なぜならば、このような難しい場面でこそ、その人の「素」が出やすいからです。

    これらの質問に回答するときのポイントは、バカ正直に本当のことを答えるのではなく、どんな人とでもうまく付き合える柔軟性をエピソードを交えてアピールすることです。

    チーム内で主体的に行動してチームの成果に貢献した経験や、今までの自己PRでは話してこなかった意外なセールスポイントなどをアピールできれば、面接官の興味をより惹きつけることができます。

      いいね!をして「大逆転の就活戦略」の更新情報をチェックしよう!

      コメントを残す