【実践編】一流企業からの内定を戦略的に取る方法

naitei_action

    戦略的に内定を勝ち取るための3つのステップについて解説します。

    内定を勝ち取るための戦略的な就活の進め方

    内定を取るための基本的な戦略は、
    「企業の採用基準を知り、それにフィットするように自分の素質(ビジネス能力、人間性、将来ビジョン)をアピールする」
    ことです。

    なかなか内定が取れない学生は、「自分がアピールしたいこと」を一方的アピールします。「自分がアピールしたいこと」が必ずしも「企業が求める人材」と一致するわけではないので、内定をもらえるかどうかは運次第になってしまいます。

    一方で、何社からも内定をもらう学生は、「企業の評価基準」をもとにアピール内容を考えます。「自分の素質」の中から「企業の評価基準」を満たしているものを探し出し、それを中心に自己PRと志望動機を組み立てます。
     

    この戦略について詳細は、【理論編】一流企業からの内定を戦略的に取る方法の記事で紹介しました。

    当記事は「実践編」として、この内定戦略を実行するための具体的な3つのステップについて解説します。
     

    STEP1:自分の能力や人柄、将来ビジョンを知る

    自分にどんな素質があるのかが分からないと自己PRの作りようがないので、まずはアピールする「自分の素質」のネタ探しをします。

    面接官の学生に対する評価ポイントは、(1)ビジネス能力、(2)人間性、(3)将来ビジョン、の3点でした。

    企業の評価ポイントにマッチしたアピールを作るために、自分の過去の経験や行動を振り返りながらこの3点について棚卸しをしていきます。
     

    自分の強み(ビジネス能力)を知る

    自分の強みを見つける時のポイントは以下の3点です。

    • あなたはどんな強みを持っているか?
    • その強みはどのようにして培われてきたのか?
    • 過去の経験でその強みはどのように活きてきたのか?

     

    この3点を踏まえながら自分の過去を振り返ってみましょう。

    まず、自分の過去の経験を洗い出します。ノートを取り出し、自分がこれまでに経験してきたこと、印象的な出来事をひたすら書き出しましょう。

    次に、それぞれの経験の中で、自分の強みや能力がどのように活きたか、あるいはどのようなスキルが身についたのか、を考えてみてください。

    「過去の経験を思い出す→その経験で活きた自分の強みを考える」という手順を繰り返し、自分の強みとその強みを実証するエピソードのリストをノートにまとめてみてください。
     

    過去の経験を振り返らずにいきなり「自分の強みは何だろう」と考え始めても、なかなかその答えは見つかりません。

    今の自分を形成しているのは、「過去の経験の積み重ね」があるからこそです。今の自分の能力や強みを探すためには、自分の過去を振り返る必要があるんです。

     

    自分の人間性を知る

    「人間性」とは、自分の人柄であったり、性格、行動特性、ポリシーなどを表します。もう少し分かりやすい言葉で表すと、「自分らしさ」と言ってもいいかもしれません。

    あなたの人間性は、ビジネス能力のように「会社の利益に貢献できること」をアピールするために使うのではなく、「一緒に働きたい」と思ってもらうためにアピールする項目です。

    どんな人でも、

    • 行動するときに常に意識しているポリシー
    • 日常生活でよく表れているあなたらしい行動

     
    というものがあると思います。

    このような自分の人間性を、自分の強みを探した時と同様に過去の経験を振り返りながら探し出します。

    まず、過去の経験や日常的な行動をひたすらノートに書きだします。次に、それらの行動の中で「あなたが特に意識していたこと」や「他の人はあまりやらないけどあなただけがやっている行動」がなかったかを考えます。

    たくさんの行動を振り返ってみて、それぞれの中で共通した意識や行動があれば、そこにあなたの人間性が表れている可能性があります。
     

    例えば、「コンビニのアルバイトで常に笑顔と大きな声でのあいさつを心がけている」といったものです。他の人は適当なあいさつですませてしまっている中で、あなただけが常に意識しているような「特別な行動」があれば、そこにあなたの人間性が表れているはずです。

    そして、「なぜそのような行動を意識しているのか」も考えてください。「コンビニのアルバイトでも常に大きな声であいさつする」という「あなたらしい行動」の根底にある「行動の動機」を見つけましょう。

    例えば、「疲れたサラリーマンたちに少しでも元気になってほしかった」という動機です。

    この「あなたらしい行動とその動機」が、「あなたらしさを決めている人間性」となります。

     

    自分の将来ビジョンを知る

    最後に、自分の将来ビジョンとモチベーションの源についてです。

    将来ビジョンを見つける時のポイントは以下の3点です。

    • あなたはどんな将来の目標を持っているか?
    • なぜそのような目標を持つようになったのか?
    • その目標を達成するために、今までどんな努力をしてきたか?/span>

     

    将来やりたい仕事がすでに決まっている人は、なぜそのような目標を持つようになったのかを思い返してみてください。その仕事に興味を持つきっかけとなった具体的なエピソードがあると、志望動機の説得力が増します。

    そして、その目標を達成するために行っている努力もノートに書き出してください。将来目標に対する本気度を示すためには、目標達成のために努力しているエピソードも必要になります。
     

    将来やりたい仕事が決まっていない人は、過去の自分の経験を振り返ったり、社会人に話を聞きに行ったりしながら、自分の将来ビジョンを見つけなくてはいけません。

    やりたい仕事がまだ見つかっていない人は、こちらの記事に書いている方法で自分の将来ビジョンを探してみてください。

    やりたい仕事が見つからない就活生のための処方箋

    やりたい仕事が見つからない就活生のための処方箋
    志望企業がなかなか決まらずに悩んでいる就活生のために、「やりたい仕事を見つける方法」についてお話しします。「やりたい仕事が見つからない」のは当たり前そもそも、本当にやりたい仕事や夢を明確に持って就活している学生って、ほんの一握りだと思います。就活...

     

    STEP2:企業の採用基準を知る

    アピールする自分の素質の洗い出しが終わったら、次は「企業の採用基準」を調べます。

    企業は採用ページや会社説明会で「どんな人材を求めているか」を公表しています。しかし、そこに掲載されている情報は非常に表面的でどこの会社も大差ありません。

    採用ページに書かれている「こんな人材を求めています」という情報を真に受けて自己PRを作成すると、他の学生と差別化できていない内容の薄い自己PRになってしまいます。
     

    企業に一歩踏み込んで「リアルな採用基準」を知るためには、「その会社で働いている社員」に話を聞きに行くのが一番です。

    つまり、OB・OG訪問です。

    大学の先輩やキャリアセンター、FacebookなどのSNS、OB・OGとつなげてくれる就活サービスなど、様々なつながりを活用し、できるだけたくさんのOB・OGに会いに行ってください。

    そして、

    • 会社ではどんな人が活躍しているのか
    • 就活の時にどんな自己PRと志望動機をアピールしていたのか
    • 今後のキャリアプランをどのように考えているか
    • 入社前にどんなスキルを身につけるべきか
    • どんな人と一緒に働きたいと思うか

     
    といった「企業が求めている人材」を知るための質問を投げかけましょう。
     

    「面接でどんな人が評価されますか?」とずばり聞いてしまうのも良いですが、それだと「採用ページに書いてあるような表面的な答え」が返ってくる可能性も高いです。

    上記は少し遠回りな質問にも見えるかもしれませんが、OB・OGの方たちが「実際に働いている人たちをイメージしながら答えられるような質問」をするのがポイントです。
     

    更に、志望企業のOB・OGに会いに行くだけでなく、同業他社にも積極的にOB・OG訪問に行ってください。

    同業他社で働く社員の方たちから話を聞くことで、「求めている人材の違い」や「企業の特徴の違い」をより深いところまで知ることができます。そして、志望動機でつっこまれる可能性が高い「なぜ他の会社ではなくうちの会社を志望しているの?」という問いに答えるためのヒントも見つかります。

    参考記事:OB訪問で必ず聞いておくべき質問リスト30選

    OB訪問で必ず聞いておくべき質問リスト30選
    OB訪問の成果を内定へとつなげるためには、しっかりとした目的意識を持って事前に質問を準備しておくことが大切です。OB訪問で聞くべき質問の具体例を目的別にリスト化し、各質問のポイントをまとめました。OB訪問に行く時は目的意識を持とう難関企業からの内定が欲...

     

    STEP3:就活の実践力を高める

    アピールする自分の素質のネタ帳が完成し、志望企業の採用基準も調べました。

    あとは、「企業の採用基準にフィットするように自分をアピールする」ことができれば、内定はもうすぐそこです。ここで重要になってくるのが、「自分をアピールする技術」です。
     

    企業の採用基準にマッチした優れた素質を持っていたとしても、それを面接官にうまく伝えることができなければ内定はもらえません。なので、自分をうまくアピールするために、「就活の実践力」を高める必要があります。
     

    具体的には、

    • 自己PRと志望動機に説得力を持たせるための論理展開力
    • 伝わりやすいエントリーシートを書く技術
    • 面接で好印象を持ってもらうための技術
    • グループディスカッション、WEBテストなどの就活スキル

     
    などの就活スキルを高めます。
     

    就活スキルを高める方法について細かく書いていたらきりがないので、詳細はこちらの就活講座を参考にしてください。

    【無料の就活マニュアル】一流企業の内定力養成講座

     

    戦略的に内定を取る方法まとめ

    以下の3つのステップに沿って就活を進めていくことで、戦略的に内定を取りにいくことができます。

    • STEP1:自分を知る(自分の能力や人柄、将来ビジョンを知る)
    • STEP2:相手を知る(企業の採用基準を知る)
    • STEP3:就活の実戦力を高める

     

    STEP1は、いわゆる自己分析です。自己分析を通じて自分の能力や人柄、将来のビジョンを知り、面接でアピールする「自分の素質」の棚卸しをします。

    次のSTEP2では、企業の事業内容や特徴、競合他社との違いを調べつつ、「企業がどんな人材を求めているのか」を見つけ出しましょう。企業のホームページや会社説明会で公開されている表面的な情報に振り回されないためには、たくさんのOB・OGに会いに行って、「働いている人の生の声」を集めてくることがポイントです。

    「自分の素質」と「企業の採用基準」を調べたら、あとはそれらをうまくマッチングしてアピールします。自分が考えていることを面接官に理解してもらうために、「自分をアピールする技術」を磨く必要があります。これが、STEP3の「就活の実践力を高める」です。

    STEP1~3を繰り返し行うことで、【理論編】一流企業からの内定を戦略的に取る方法で紹介した「戦略的に内定を取る方法」を実践することができます。

    何も考えず闇雲に就活を続けても、なかなか内定はもらえません。

    就活は人生の分岐点にもなりうる重要なイベントですので、運まかせにするのではなく、戦略的に内定を取りにいきましょう。

    「説得力のある自己PRと志望動機を作って内定を勝ち取る方法」へ続く

    説得力のある自己PRと志望動機を作って内定を勝ち取る方法
    面接官に「あなたを採用したい」と思わせる自己PRと志望動機の作り方について解説します。内定を取るための基本的な戦略は、「企業の採用基準を知り、それにフィットするように自分の素質(ビジネス能力、人間性、将来ビジョン)をアピールする」ことです。この戦略...

      いいね!をして「大逆転の就活戦略」の更新情報をチェックしよう!

      コメントを残す