大逆転の就活ストーリー:30社以上に落ち続けたダメ学生が一流企業6社から内定をもらうまでの物語

    どこにでもいる平凡な学生が、
    一流企業6社から内定を獲得することができた
    大逆転の就活ストーリー

    東大という学歴がありながら内定ゼロだった最初の就活

    こんにちは、上原聡です。

    私は就活生時代に、今勤めている外資系金融を含めて全部で6社の一流企業から内定をもらうことができました。

    これを聞くと、
    「東大生だから内定が取れたんだろ?」
    と思う方も多いと思います。

    でも、実際はそうではありません。
     

    実は私、学部時代に一度就活を失敗しています。

    東大という学歴があったにもかかわらず、大学4年生の時は全部で30社以上からお祈りメールをもらいました。

    最終的に1社からも内定をもらうことができず、就職を諦めて泣く泣く大学院い進学することになりました。
     

    たしかに、学歴というのは就活で大きな武器にもなりえます。

    しかし、学歴があるからといって内定をもらえるとは限りません。

    私が通っていた大学院の研究室には、私と同じ学年に5人の学生がいました。

    5人のうち1人は、1社からも内定をもらうことができず最終的には就職留年をしてしまいました。

    東大という学歴でも内定はゼロだったんです。

    逆に、大学名では無名であっても、メガバンクや商社など日本の一流企業から何社も内定をもらう学生もたくさんいました。
     

    私も「東大」という学歴を活かすことができず、大学院に進学して2回目の就活に挑戦することになります。

     

    2度目の就職活動。しかし結果は・・・

    大学院に進学後、私は学部時代の失敗を繰り返さないために必死でした。

    就活本を何十冊も読み、セミナーにもたくさん通いました。

    そして、腕試しのために外資系企業の夏のインターン選考を受けました。

    学部時代よりもずっと真剣に就活をやっていたので、インターンの選考には少し自信もありました。
     

    しかし、結果は惨敗。

    10社以上にエントリーをして、
    グループディスカッションまで進めたのが4社、
    次の面接まで進めたのが2社、
    インターンまで進めた会社はゼロでした。

    その時はもう完全に自信をなくしました。

    自己分析も面接の練習もしっかりやったつもりでしたし、なんでインターンの選考に落ちてしまったのか全く分かりませんでした。

    「自分みたいなダメ人間が社会に出るのは無理なんだな」

    当時は本気でそう思っていました。

     

    私の人生を変えた、運命の出会い

    それでも就職活動をやめるわけにはいかないので、モチベーションはかなり下がっていましたがなんとなく就活は続けていました。

    そんな時、私はSさんと出会いました。

    Sさんは総合商社入社後にMBAをとり、今はMBA留学支援や転職支援の会社を運営している方です。

    自分の事業の傍ら、就活生向けの内定支援も行っています。

    ※Sさんにネット上に名前を出すのは勘弁してくれと頼まれたため、仮名で失礼いたします。

    すでに学部時代に一流企業から内定をもらった友人から、就活のことだったらこの人に聞いておけば間違いないと紹介されたのがSさんでした。
     

    初めてSさんに会った時、Sさんは私に言いました。

    「君を雇うことで、会社には一体どんなメリットがあるの?」
    「5年後、10年後のキャリアビジョンはある?」
    「そもそも企業はなんで新卒採用なんかしてるんだと思う?」

    Sさんの言葉は一言一言が私の胸に突き刺さり、私の今までの就活に対する考え方が全てひっくり返りました。

    同時に、それまでの私の志望動機や自己アピールは、企業にとってはまったく魅力的ではなかったのだと気付かされました。
     

    Sさんの就活コンサルは1時間で1万円の費用がかかりました。

    しかし、学部時代の失敗を繰り返すわけにはいかないので、これまでの貯金を全てくずして私はSさんのところに通いました。

    自己分析や企業研究のやり方から企業に「この学生は欲しい!」と思わせるためのアピール方法まで。

    私はSさんから就活の基礎から応用まで全て学びました。
     

    背水の陣で挑んだ本番。その結果・・・

    Sさんの指導の下、私は自己分析や企業研究を1からやり直し、自己PRも志望動機も全く新しいものに作り替えました。

    そして、腕試しのつもりで日系企業よりも選考時期が早い外資系金融の本選考に申し込んでみました。

    その結果、学部時代には1社からも内定をもらえなかったダメ学生だった私が、就活最難関と言われる外資系金融から内定をもらうことができたんです。

    外資系金融は新卒であっても初任給が700~1,000万円もあり、東大京大早慶等の一流大学の学生ばかりが受けるため、内定は非常に狭き門です。

    内定通知の電話を受けた時、私は人目をはばからず道路で「やった!」とガッツポーズをしてしまいました。

    外資系企業の就活が終わった後も私は就活を続け、日系の一流企業からも複数内定をもらうことができました。

    Sさんのおかげで、30社以上から断られ続けた学部時代がウソのように大成功で就職活動を終えることができたんです。
     

    Sさんのコンサルを受けるために費やしたお金は十万円を超えます。

    それでも、就職してから稼げる金額を考えるとかなり安い投資です。

    もしあの時、友人からSさんを紹介してもらえなかったら。
    もしあの時、私がSさんに就活のアドバイスを頼まなかったら。

    Sさんがいなかったら、私は間違いなく内定をもらうことはできませんでした。

    そう考えると今でもゾッとします。
     

    「正しい就活の方法」さえ分かれば内定は簡単にもらえる

    正直言って、就活に学歴や過去の実績はあまり関係ないと思います。

    「学歴主義なんだから就活頑張っても意味ないじゃん・・」
    「今まで何も努力してこなかったから一流企業の内定なんて無理だ・・」

    そうやって就活がうまくいかない原因を「自分以外のなにか」のせいにしている限り、あなたが内定をもらえることはないでしょう。

    実際、私は東大という学歴は持っていましたが、それ以外の実績は何もない凡人学生そのものでした。

    アルバイトが長続きしたことはありませんし、サークル活動でもこれといって目立つ実績は持っていません。

    学部生時代の私と大学院生になってからの私では、中身は何も変わっていません。
     

    しかし、中身は何も変わっていないにもかかわらず、学部性時代の就活の結果は内定ゼロで大学院生時代の就活の結果は一流企業6社からの内定でした。

    1回目の就活と2回目の就活で何が変わったかというと、それは「就活の進め方」です。

    今にして思えば、1回目の就活では「内定がもらえない典型的な就活の進め方」をしていた思います。

    一方で2回目の就活では、Sさんの指導のおかげで「正しい就活の戦略」を知ることができました。

    なんの経験も強みもなかった私でしたが、正しい就活の方法を実践することで外資系金融も含む一流企業6社から内定を獲得することができたんです。

    内定が取れるかとれないかというのは、「正しい就活方法」を知っているかどうかにかかっているんだと思います。

     

    3つの視点からあなたの就活をサポートします

    私は現在、外資系金融で働く傍ら、インターネットを通じて、就活生のサポートをしています。

    私自身、就職活動にはすごい苦しみました。

    内定を1社ももらえずに、就職留年か大学院進学を迫られました。

    Sさんの就活コンサルを受けるために、10万円以上のお金を費やしました。

    最終的には志望企業から内定をもらうことができましたが、そこに至るまでの道は決して楽ではありませんでした。

    しかし、辛かったからこそ、内定をもらった時の喜びは格別でした。
     

    また、私は勤務先の会社で新卒採用の責任者もしています。

    これまでに数千人のエントリーシートを審査して、数百人の就活生を面接してきました。

    企業がどのような基準で学生を評価しているのかを知っていますし、たくさんの学生に会ってきたからこそ「内定をもらえる学生ともらえない学生の違い」についてもよく分かっています。
     

    • 就活に惨敗した経験
    • 就活で圧勝できた経験
    • 新卒採用の責任者としての経験

     

    この3つの経験に基づいて、あなたの就職活動をサポートいたします。

    就活の失敗と成功どちらも経験しているからこそ、どんな風に就活をすると失敗してしまうのかが分かるし、逆に就活の成功ノウハウも持っています。

    新卒採用の仕事も経験しているので、企業が学生の何を評価して採用の判断をしているのかも知っています。

    私自身の就活の経験やSさんから学んだ就活戦略を教えることもできますし、さらには就職活動の責任者としての視点からあなたの就活をサポートすることもできます。

     

    全ての就活生に笑顔で就活を終えてほしい

    私はこのサイトを読んでいるあなたにも、笑顔で就活を終えてほしいと心の底から思っています。

    そのためにも、私は当サイトを通じて内定を取るためのノウハウを提供していきます。

    内定がもらえた時の喜びって本当に格別なんです。

    私が初めて内定をもらえた時のあの喜びをぜひあなたにも感じてほしいと思っています。
     

    追伸1.無料の就活講座を企画しました

    自己分析、企業研究のやり方、採用される志望動機や自己PRの作り方など、内定を取るために必要な情報をすべてまとめた無料の就活講座を企画しました。

    就活に不安や悩みがある方は、こちらから無料で登録してください。

    book_cover_s
    「一流企業の内定力養成講座」の無料登録はこちら

     

    追伸2.無料の就活相談やES添削も受け付けています

    最後になりますが、みなさんが志望企業から内定を勝ち取ることを心の底から祈っております。

    微力ながら、私もそのお手伝いをさせていただきます。

    その一環として、就活の相談やエントリーシートの添削を無料で行っています。

    ご興味のある方はこちらからお申し込みください。

    就活相談・エントリーシート添削を無料で受け付けています
    当サイトでは無料の就活相談とエントリーシートを受け付けています。周りにES添削や就活の相談をお願いできる人がいないエントリーシートを書いてみたけど通過する自信がない面接で何をアピールすればいいのか分からない もしあなたがそんな悩みをお持ちなら、...

      いいね!をして「大逆転の就活戦略」の更新情報をチェックしよう!

      コメントを残す