「学びたい」を志望動機にしてはいけない

    「学びたい」と「成長したい」。
    どちらも面接でよく学生が口にする台詞です。

    今日は志望動機でこの2つを語ることの危険性について解説します。

    ID-10028701

    「○○○について学びたいと思い、御社を志望しています」
    「自分を成長させる場として、御社が一番だと思いました」

    エントリーシートでも面接でも、志望動機にこのような理由を使っている学生をよく見ます。

    しかし、「学びたい」「成長したい」を志望動機としてはいけません。

     
    企業は学生をなんのために採用するのでしょうか?

    もちろん、「学ぶ場」を提供するためではありません。
    将来的に「会社の利益」に貢献してもらうために新卒を採用するんです。

    何かを学びたいのであれば学校へ行ってください、というのが企業の本音です。

    「あなたの学習と成長が企業の利益に貢献する」というロジックをちゃんと説明できるのであれば、エントリーシートで「○○○を学びたい」と書いても問題ありません。

     
    しかし、多くの学生は「学びたい」という言葉だけで完結してしまっています。

    自己アピールとは「企業の利益に貢献できることをアピールする」ことであり、志望動機は他社との違いにより焦点を当てた方が、エントリーシートの通過率は上がりますし面接での印象も良くなります。

    志望動機では、「自分が将来達成したい目標」と「自分が目標を達成することが利益貢献につながること」を意識して書いてみてください。

      いいね!をして「大逆転の就活戦略」の更新情報をチェックしよう!

      コメントを残す