内定を取るための効率的な企業研究方法

    Globe-icon「内定を勝ち取る就活講座(全10回)」の第4回です。

    第4回目のテーマは「企業研究」です。

    企業研究は志望動機を作るためには絶対に欠かせません。

    企業研究と自己分析、この2つをしっかりとやって初めて、内定が取れる自己アピールと志望動機が出来上がるんです。

    まだ入りたい企業や業界が決まっていない人は、まずは幅広く情報を集めていきましょう。

    そしてある程度志望企業が絞られて来たら、集める情報も絞っていきます。

    「広く」→「狭く」の順番で情報を集めていきましょう。

    企業研究、業界研究のために情報を集める方法をまとめてみました。

     

    業界研究本を読む

    企業の情報や業界の情報が詰まった本がたくさん出版されています。
    ネットでは手に入りにくい情報までまとまっているので、効率良く会社の情報を集めることができます。

    以下、オススメの企業研究本です。

    会社図鑑 業界別カイシャの正体
    社風や給料等、社内の人でないと知らないような細かい情報まで載ってます。
    1冊持っておいてもまず損はない1冊です。

    図解入門業界研究
    業界の歴史、最近の動向など、各業界について分かりやすく説明されています。
    全ての業界について買う必要はありませんが、興味を持った業界の本は買っておいた方が良いです。

     

    会社のホームページ等のインターネット情報

    会社の公式ホームページ等、インターネットには膨大な情報が詰まってます。
    特にお勧めなのが、会社の決算説明会や事業説明会などのプレゼン資料です。

    有価証券報告書も良いですが、難しい用語が多くて分かりにくいので、
    事業内容や会社の業績がまとめられているプレゼン資料が分かりやすいです。

    この他に特に注目してほしいのが、会社の中期経営計画の資料です。
    上場企業ならたいていの企業が中期経営計画を公開しています。

    もしなかったら、企業情報の中の経営計画や起業ビジョンについてのページを見ましょう。

    中期経営計画にはその会社が目指している方向性が書かれています。

    これからどんな事業分野に進出していこうとしているのか?
    どれぐらいの売上・利益を目指しているのか?
    こんなことが書かれているのが中期経営計画です。

    中期経営計画では会社の今後の方向性や戦略をチェックしましょう。
    そして、あなたと会社の目標が同じ方向を向いているかを見てください。

    もし会社とあなたの目標が正反対の方向を向いているのであれば、
    その会社はあなたには向いていないでしょう。

    逆にそこが一致していれば、説得力のある志望動機が出来上がります。

    あとは、会社の採用ページにもたくさん情報がありますので、
    志望企業のホームページはできる限りチェックしてください。

     

    会社説明会等の就活イベント

    イベントは主に2種類あります。

    1.いろいろな企業が集まってくる合同説明会
    2.各企業が個別に開催している会社説明会

    まずは合同説明会に参加して幅広く情報を集め、
    ある程度志望企業や業界が絞れて来たら個別の説明会に参加するという流れです。

    ちなみに、合同説明会で説明される情報ってほとんどは会社のホームページに載っているので、合同説明会に行くのはほどほどにしておきましょう。
    いろいろな業界の会社から情報を一気に集められるので効率的ではありますが、ある程度志望企業が絞られてからだと得られる情報も限られてしまいます。

    合同説明会は2~3回も行けば十分だと思います。
    それ以上は時間の無駄です。

     

    OB・OG訪問で現場の生の声を聞く

    基本的に会社説明会は企業にとってのアピールの場なので、
    その会社の良いところしか聞くことができません。

    業界について詳しくなるには、
    実際にその業界で働いている人に聞くのが一番てっとりばやいです。

    私はOB・OG訪問が業界研究で一番勉強になりました。
    自分の興味のある会社の社員さんに実際に会いに行ってみましょう。

    一番簡単にOBOG訪問ができるのは、自分の知り合いの先輩です。

    サークルでもゼミでも研究室でもいいので、まずは自分の先輩に会いに行きましょう。

    そしてそこから他の社員さんを紹介してもらってください。

    また、自分の知り合いの先輩がいなかったら、
    大学のキャリアセンターに行けば自分の大学を卒業した先輩を紹介してもらえます。

    それでもいなければ、実際に会社説明会に行って名刺をもらってきましょう。

    昼休みの時間にお昼ご飯を食べながら1時間ぐらい会社の話や就活の話を聞くというのが一般的なOB訪問です。

    まずはメールで思い切って連絡を取ってみましょう。

     

    インターンに参加する

    インターンとは数日から、長いものだと2か月ぐらいの職業体験です。
    実際に職場で働く疑似体験ができますし、社員さんとも知り合うことができる絶好の機会です。

    インターンで目をつけられれば、その後の就活を優位に進められることもあります。

    インターンの応募は、企業の採用ページや、インターンなどの就活イベントがまとまっているサイトから応募することができます。

    例えばこちらなど。

    ジョブウェブ
    理系ナビ

     

    主な企業情報の収集方法はこれぐらいです。

    これらの情報をもとに、会社の強みと弱み、他社との違い、どんな人が働いているのか等を調べてみてください。

    最後にまとめると、次の5つの方法で企業研究を進めていきましょう。
    1.業界研究本を読む
    2.会社ホームページ等のインターネット
    3.会社説明会等の就活イベント
    4.OB・OG訪問で現場の生の声を聞く
    5.インターンに参加

    内定を勝ち取る就活講座(全10回)の目次

      いいね!をして「大逆転の就活戦略」の更新情報をチェックしよう!

      コメントを残す