エントリーシート添削 自己PR(自動車部品会社)

    こんにちは、上原です。

    デンソーやアイシン精機などの自動車部品会社を志望してる就活生の自己PRの添削を公開します。

    ※エントリーシート添削のお申し込みはこちら

    それでは、本日のエントリーシート添削「自己PR(自動車部品会社)」です。

    エントリーシート内容:自己PR(自動車部品会社)

    自己PR(企業名:デンソー、アイシン精機)

    私の長所は計画したことを実行できることです。
    プロボクシングをしている私は試合前6キロから9キロの減量をするため、減量前にスタミナを向上させると同時に体脂肪を落とすための計画を立てます。
    摂取カロリーの制限や有酸素運動の実施、サーキットトレーニングなどを毎日少しずつ行い、計量の前日は契約体重より少し軽く仕上げます。
    確かに空腹感や疲労などの困難もありますが、それらを乗り越え継続することができます。
    入社後はこの力を生かし、少しでも貴社の役に立ちたいと考えています。

    添削内容

    エントリーシートとしては、可もなく不可もなくという印象です。

    中堅の自動車部品メーカーであれば通過できると思いますが、デンソーなどの人気な企業の場合、他の郵趣な学生に埋もれてしまう可能性があります。
     

    自己アピールには、「高い目標に向かって努力した経験」が必要

    「可もなく不可もなく」という理由は、エピソードに盛り上がりがないため、印象に残りにくいからです。

    エントリーシートでは「高い目標を設定し、そこに向かって努力した経験」をエピソードとして話し「その経験で生きた自分の強み」をアピールします。

    そのためにも、減量がいかに大変かが分かるような書き方にしましょう。

    例えば、「試合前6キロから9キロの減量」とわざわざ幅を持たせる必要はありません。

    また、時間制限(例:2ヶ月で9キロの減量)を設けることで、目標達成のハードルが上がります。

    そして、「空腹や疲労と戦いながら目標を達成した」という状況がもっと伝わりやすいような書き方に変えてみてください。
     

    アピールしたい内容と、エピソードの内容がずれている

    2つめの改善点は、アピールの内容とエピソードがずれているように感じる点です。

    「計画したことを実行する力」をアピールしてますが、今回のエピソードからは「計画力」についてはあまり伝わってきません。

    どちらかというと、「空腹や疲労等のどんなストレスにも耐えることができる忍耐力」というアピールの方がしっくりきます。

    自分の強みがなんなのか、もう一度見つめ直してみてください。

     
    本日のエントリーシート添削は以上です!

    他にエントリーシート添削をご希望の方は、こちらの記事からお申し込みください。
    エントリーシート添削のお申し込みはこちら

    書類選考を通過しやすいエントリーシートの書き方を知りたい人は、こちらの無料の電子書籍も是非読んでみてください。
    一流企業から内定を勝ち取るための就活ノウハウ

      いいね!をして「大逆転の就活戦略」の更新情報をチェックしよう!

      コメントを残す