エントリーシート添削 自己PR(JA共済)

    こんにちは、上原です。

    自己PR(JA共済)のエントリーシート添削を公開します。

    本日のエントリーシートの出来栄えは、65点(平均並み)です。

    ※エントリーシート添削のお申し込みはこちら

    それでは、本日のエントリーシート添削「自己PR(JA共済)」です。

    エントリーシート内容:自己PR(JA共済)

    自己PR(企業名:JA共済)

    持ち味は「人のニーズを理解する力」です。
    インターカレッジの水泳サークルの設立と運営に注力しました。

    一年時、自分の大学に水泳サークルはありましたが、他大学にはありませんでした。
    そのため入学後、水泳をやめる人がいることに気づきました。
    そのような人が水泳を続ける環境が必要とされていると感じ、
    自分の水泳経験を役立てたいと考えたことが設立のきっかけです。

    二年時に水泳への意識に違いが生まれ、解散の危機に陥りました。
    「大会に出場し結果を残したい」人と「大会には出場せず水泳を楽しみたい」人がいて、
    サークルの方向性が定まらず、分裂しかけるというものでした。
    私は、コース分けによる大会で結果を残す練習と水泳を楽しむ練習の両立を提案し、
    メンバー同士の結束を強める文化祭出店などのイベントも企画することで乗り越えました。

    この経験を通して私は「人のニーズを理解し、そのうえで自分が何をできるか考える力」を発揮しました。

    添削内容

    このエントリーシートに点数をつけるとすると、65点です。
    悪くもないが、特別優れているわけでもない。平均点並みという印象です。

    あまり人気の高くない企業であれば通るかもしれませんが、人気企業だと通過はちょっと難しいだろいう、というレベルです。

    文章は簡潔で分かりやすくまとまっているし、自分の経験とアピール内容の話の筋は通っています。

    しかし、書かれている内容があまりにも平凡すぎるので、エントリーシートの出来栄えとしては平均点の域を脱することができていません。

    サークルの設立は誰にでもできる簡単なことではないと思いますが、実際に書かれている内容は、文化祭の出店や練習内容を人によって分けたことぐらいです。

    何かもう少し成果としてアピールできることはないでしょうか?

    サークルの規模(人数、参加大学数)や大会での成果など、あなたが努力した成果がもっと具体的に伝わるような書き方をした方がいいです。

     
    本日のエントリーシート添削は以上です!

    他にエントリーシート添削をご希望の方は、こちらの記事からお申し込みください。
    エントリーシート添削のお申し込みはこちら

    書類選考を通過しやすいエントリーシートの書き方を知りたい人は、こちらの無料の電子書籍も是非読んでみてください。
    一流企業から内定を勝ち取るための就活ノウハウ

      いいね!をして「大逆転の就活戦略」の更新情報をチェックしよう!

      コメントを残す