エントリーシート添削 自己PR(メーカー文系職志望)

    こんにちは、上原です。

    メーカーの文系職を志望している学生の自己PRの添削を公開します。

    エントリーシートの添削をご希望の方は、こちらの記事をご覧ください。
    エントリーシート添削のお申し込みはこちら

    それでは、本日のエントリーシート添削「自己PR(メーカー文系職志望)」です。

    エントリーシート内容:自己PR(メーカー文系職志望)

    自己PR(企業名:メーカー文系職志望)

    強みはいかなる状況でも成長につなげられる向上心があることです。
    「人々の生活に変化をもたらし笑顔を増やす」、これは私の将来の展望であり生命科学を専攻した理由でもあります。
    大学受験で第一志望に落ちたときは先が見えない程落ち込みました。
    しかし大学は入ってからが勝負だと考え、これを原動力として勉学に励みました。
    授業は自身の専門以外も積極的に履修し、復習は欠かさず行い理解出来ない点は多忙な教授を探し出し聞きにいきました。
    またテストには一か月前から計画を立て取り組みました。
    また研究室早期配属が可能であったため、より専門的な知識が身に付けられるチャンスは生かしたいと考え、通常より一年早く研究に取り掛かりました。
    この結果学科64人のうち上位5人のチューターに推薦され、後輩の指導を行いました。
    さらにキャンパス内4000人から成績上位者10名に選ばれました。
    最先端の研究に触れたことで、人の人生に影響がもたらせる仕事がしたいと考えるようになりました。
    私は自分がどんな立場、状況にあっても、そこで何をしたら最高の結果が出るか常に考えて行動します。
    入社後も組織内で最大限の力を発揮し、組織全体として上を目指したいです。

    添削内容

    アピールしている自分の強みと、エピソードの中身がずれている

    結論から言うと、最初に添削した時から評価はほとんど変わりません。
    前回のエントリーシートはこちら

    このエピソードを通じてあなたが最もアピールしたいことはなんでしょうか?

    最初の1文を読む限りだと向上心をアピールしたいのでしょうが、エピソードの内容からはあなたの向上心をそこまで感じることができません。
     

    あたなが面接官に最も伝えたいメッセージは何ですか?

    エントリーシートを書くときは、最初に自分が最も伝えたいメッセージは何かを考えます。

    そして、そのメッセージを伝えるのに、最も説得力のあるエピソードを自分の経験の中から1つ選びます。

    そのエピソードの中で、
    どんな壁があり、どのように努力をして、自分の強み(最初に決めた最も伝えたいメッセージ)がどのように活きたのかを書いていくことで、エントリーシートは出来上がっていきます。
     

    しかしこのエントリーシートでは、エピソードの内容に一貫性がなく、「向上心」がどのように活きたのかが伝わってきません。

    勉強を頑張ったと書いていますが、努力の内容が多くの人がやっている範囲のことなので、読んでもすごいと思うことができません。

    また、復習を心がけた、計画を立てた、1年早く研究を始めたなど、いろいろなエピソードが散りばめられていて、話の内容に一貫性がないです。
     

    エントリーシートを書き直すときに役立ちそうな記事一覧

    エントリーシートを書き直すにあたって、いくつか参考になりそうな記事をご紹介します。

    ・伝えたいメッセージを明確にする

    ・「当たり前のこと」は自己アピールにならない

    ・1つのエピソードに絞って書く
     

    いくつか質問を頂いたので、そちらにも回答します

     
    ・「人々の生活に変化をもたらし笑顔を増やす」という目標は抽象的かどうか

    「人々の生活に変化をもたらし笑顔を増やす」ために生命科学を専攻したと書いていますが、これは目標として成り立っていません。

    人々の生活に変化をもたらすことと生命科学にどのようなつながりがあるんでしょうか?

    生命科学以外のどんな分野でも、何かしらの形で人々の生活に変化をもたらしています。

    もう一度、何を目標に勉強を頑張ってきたのか、考え直してみてください。
     

    ・「最先端の研究に触れたことで、人の人生に影響がもたらせる仕事がしたいと考えるようになりました。」は成果と言えるか

    これは努力の成果とは言えないですね。

    成果としてアピールするのであれば、「4000人中10位以内の成績」を前面に押し出してアピールしましょう。

    その他の成果は書く必要ありません。

    人に影響を与えたいと書いていますが、自己アピールのテーマの向上心とはあまり関係がないです。
     

    ・「入社後も組織内で最大限の力を発揮し、組織全体として上を目指したいです。」という締め括りは適切か

    これは抽象的すぎて中身がないですね。

    組織内で最大限の力を発揮するとは具体的にどういうことでしょうか?
    組織全体として上を目指すとはつまりなにをすることでしょうか?

    自分がどのように組織の中で働きたいか、より具体的に書きましょう。
     

    ・テーマを変えるべきかどうか

    4000人中10位以内の成績というのは誇れる成果だと思うので、勤勉さをアピールするエピソードとしては適切だと思います。

    しかし、向上心をアピールするためには、「高い目標を設定してそこに向かって努力した経験」をアピールする必要があります。

    このエントリーシートは目標の部分が抜けてしまっているので、向上心のアピールとしてはあまり適切ではないでしょう。
     

    最後に

    繰り返しになりますが、自分の強みと最もアピールしたいことがなんなのかを考え直してみましょう。

    このエントリーシートからは、あまり向上心の高さは伝わってきません。

    向上心が本当にアピールすべき強みなのか?
    向上心をアピールすためにはどんな高い目標をこれまでに設定してきたのか?
    その高い目標を達成するためにどんな努力をしてきたのか?

    以上のようなことを考慮して、エントリーシートを書き直してみてください。

     
    本日のエントリーシート添削は以上です!

    他にエントリーシート添削をご希望の方は、こちらの記事からお申し込みください。
    エントリーシート添削のお申し込みはこちら

    書類選考を通過しやすいエントリーシートの書き方を知りたい人は、こちらの無料の電子書籍も是非読んでみてください。
    一流企業から内定を勝ち取るための就活ノウハウ

      いいね!をして「大逆転の就活戦略」の更新情報をチェックしよう!

      コメントを残す