エントリーシート添削 自己PR(三菱電機)3回目

    こんにちは、上原です。

    三菱電機の技術職を志望してる学生の自己PRの添削を公開します。

    前回前々回の内容と比べて、どのように改善されているかを意識しながらご覧ください。

    ※エントリーシート添削のお申し込みはこちら

    それでは、本日のエントリーシート添削「自己PR(三菱電機)」です。

    エントリーシート内容:自己PR(三菱電機)

    自己PR(企業名:三菱電機)

    “粘り強さ”が私の強みです。
    私は,超音波振動源を複数用いて,板状物体を独自の手法で非接触搬送させる研究に取り組んでいます。
    この研究の完成により,様々な製造ラインにおける歩留まりの向上による製造コストの低下が期待でき,貴社の FA事業に貢献できると考えます。
    しかし,搬送原理が一部未解明であり,この搬送手法の応用が現状困難であるため,”複数振動源が板状物体に及ぼす影響のシミュレーション”から,この点を解決する事が本研究の目的です。
    振動源が一つの場合は既に報告されており,その手法を応用する事を考え,その再現を試みましたが,上手くいきませんでした。

    そこで,問題解決のために次の事に取り組みました。
    1.問題点を細かくリストアップ。
    2.改善する方法について専門書や指導教官の意見を参考に考えた後 ,改善案が正しいか実験。
    3.結果をまとめ,問題が残っていれば 1に戻る。
    平日の朝から夜遅くまで,必要な時は休日も良い結果が出るまで取り組んだ結果, 2ヶ月かけて再現に成功しました。
    現在,得られた手法を応用し研究を進めており,複数振動源が板状物体に及ぼす影響を一部明らかにすることに成功し,その成果を今年の 3月の音響学会で発表する予定です。

    研究を通じ,試行錯誤の過程を楽しめるようになり,上手くいった瞬間をイメージする事でやる気が湧くことに気づきました。
    自他の成果の優劣ではなく自身の成長に目を向ける事が出来るようにもなりました。
    この変化によって”粘り強さ”を養うことが出来ました。
    そして,”諦めない事”が成功の鍵であり,”粘り強さ”こそが自身の強みだと強く思うようになりました。
    この”粘り強さ”は技術職に就く上でもきっと役に立つと考えます。

    添削内容

    >この研究の完成により,様々な製造ラインにおける歩留まりの向上による製造コストの低下が期待でき,貴社の FA 事業に貢献できると考えます。

    これは文字数を節約するために、例えば以下の文例のようにもっと短くしましょう。

    「この研究が完成すれば,様々な製造ラインにおける歩留まりの向上に貢献できると考えています。」

    「歩留まりの向上」だけで「製造コストが低下すること」は明らかですし、あえて FA 事業に特定しなくても良いと思います。
     

    >しかし,搬送原理が一部未解明であり,この搬送手法の応用が現状困難であるため,”複数振動源が板状物体に及ぼす影響のシミュレーション”から,この点を解決する事が本研究の目的です。

    これも「応用が困難」というところはカットできると思います。

    例えば、以下のように文章を短くしても意味は通りますし、むしろシンプルで分かりやすくなります。

    「しかし,搬送原理が一部未解明であるため,”複数振動源が板状物体に及ぼす影響のシミュレーション”から,搬送原理を解明する事が本研究の目的です。
     

    >振動源が一つの場合は既に報告されており,その手法を応用する事を考え,その再現を試みましたが,上手くいきませんでした。

    ここはなんとなく意味は分かるんですが、書き方として曖昧で、文章が分かりにくいです。

    「振動源が一つの場合は既に報告されており」というのは、何が報告されているんでしょうか?
    「その再現を試みましたが」の「その再現」というのは、何を再現しようとしたんでしょうか?
     

    「非接触搬送の原理を解明するために(研究の目的)、複数振動源が板状物体に及ぼす影響をシミュレーションする(目的達成のための手段)」という研究内容は理解できました。

    そして、「複数振動源によるシミュレーション」を行う前段階として、「振動源が 1 つの場合のシミュレーションを行おうとした」というのもなんとなく分かります(前述の通り書き方が曖昧なので、なんとなく分かった程度なのですが)。
     

    しかし、「振動源が 1 つの場合のシミュレーションを行うため」にあなたがやったこととして書いてある内容は、あまり中身がありません。

    「 1 .問題をリストアップして~、 2 ~、3 ~」と 3 つに分類してあなたがやったことを書いていますが、結局書いてある内容は「休まずたくさん努力した」とたいして意味は変わりません。

    また、その後に「複数振動源が板状物体に及ぼす影響を一部明らかにすることに成功し」と書いてありますが、この内容をもっと具体的に書いてほしいです(ここが研究の目的であり、肝のはずです)。
     

    今のままだと、「シミュレーションを再現するために休まずたくさん努力した。そうしたら研究の目的が一部達成された」と書いてあるのとほぼ同義で、あまりエントリーシートとして中身がありません。

    エントリーシートの前半で、「研究の目的と社会的意義」については分かりやすく書かれています。

    あとは、実際にどのように研究を進めたのか、どのように「粘り強さ」が活きたのかを具体的に書く必要があります。
     

    >研究を通じ,試行錯誤の過程を楽しめるようになり,上手くいった瞬間をイメージする事でやる気が湧くことに気づきました。

    この文章よりも先は、アピールとしてあまり意味をなしていません。

    「あなたが行った努力の内容」と「アピールの内容」が結びついていないからです。

    例えば、「自他の成果の優劣ではなく自身の成長に目を向ける事が出来るようにもなりました」というのはエピソード内ではどこにも書かれていませんし、アピールしている「粘り強さ」ともあまり関係がありません。
     

    「粘り強さ」をアピールしたいのであれば、そのメッセージを伝えることだけに集中し、他の余計な情報は排除しましょう。

    700 文字という長いエントリーシートを書いているため、余計な情報が入ってしまっているのかもしれません。

    一度論点を整理するためにも、同じ内容のエントリーシートを 400 文字ぐらいで書いてみるといいかもしれません。
     

    長くなりましたが、添削の内容をまとめると以下のようになります。

    • 研究の目的や社会的意義については分かりやすくなったので、一部余計な個所を削るだけで OK
    • 目的達成のための行動として書かれている内容に中身がない(極端に言うと、「休まずに頑張った」としか書かれていない)
    • 後半の「粘り強さ」のアピールのところに本論とはあまり関係のないことが書かれている

     

     
    本日のエントリーシート添削は以上です!

    他にエントリーシート添削をご希望の方は、こちらの記事からお申し込みください。
    エントリーシート添削のお申し込みはこちら

    書類選考を通過しやすいエントリーシートの書き方を知りたい人は、こちらの無料の電子書籍も是非読んでみてください。
    一流企業から内定を勝ち取るための就活ノウハウ

      いいね!をして「大逆転の就活戦略」の更新情報をチェックしよう!

      コメントを残す