エントリーシート添削 自己PR(日本旅行)

    こんにちは、上原です。

    日本旅行を志望している就活生の自己PRの添削を公開します。

    バレーボールを13年間続けてきた経験を持つ女性の自己アピールです。

    ※エントリーシート添削のお申し込みはこちら

    それでは、本日のエントリーシート添削「自己PR(日本旅行)」です。

    エントリーシート内容:自己PR(日本旅行)

    自己PR(企業名:日本旅行)

    私には最善の方法を考え、実行できる力があります。
    私は約13年間バレーボールを続けてきました。
    大学の部活では指導者も同級生もおらず、新チームになったときには経験者も2人しかいなかったので、このような状況に何度も悩みました。
    そこでまず学年を越えて何でも言い合えるチームにしようと思い、練習の時に毎回ミーティングを行う他、スポーツ大会やキャンプなどみんなが協力し合いながら楽しめることを企画しました。
    その結果後輩から「もっとこういう練習がしたい」などと積極的に言ってくれるようになり、またメンバー間でも指摘し合ったり褒めあったりと良い面を見ることができるようになり、練習の効率も上がっていきました。
    私はこの経験から、どのような状況におかれても前向きに捉え、行動すること×××(文字化け)後にきちんと成果に現れるということを学びました。

    添削内容

    大学の部活や、13年間も同じ競技を続けてきたという素晴らしい経験があるので、それを前面に押し出したエントリーシートを作成しましょう。

    自分が努力してきた内容をよりよくアピールするためには、「高い目標を設定し、そこに向かって努力した経験」を話すことが一番です。

    目標が高ければ高いほど、得られた成果が大きければ大きいほど、自己アピールの質が高まります。
     

    今回のエントリーシートは、せっかく素晴らしい経験がるのに、それが活かしきれていない印象を持ちました。

    その一番の理由は、「目標設定」が書かれていないからです。

    指導者がいないという、あなたが置かれていた厳しい境遇は書かれています。

    しかしそんな中で、あなたはどんな部活を作り上げようと思ったのでしょうか?

    「何でも言い合えるチーム」というのはやや具体性に欠けますし、目標設定としてはあまり高くありません。

    そのために行ったあなたの活動内容も、毎回のミーティングやキャンプなど、努力と呼ぶにはやや平凡すぎます。
     

    13年間のバレーの経験の中で、チームとして1つの目標に向かって努力した経験はないでしょうか?

    もしそのような経験があれば、そちらにエピソードを変更することをおすすめします。
     

    もしないのであれば、書き方を少し変えてみましょう。

    ・指導者がいなく、チームとしてまとまりがなかった最初の状況
    ・そんな厳しい状況の中、あなたはどんな目標を持ったのか
    ・目標達成に向かい、何が最善の策だと思い、どのように実行したのか
    ・最終的にどのような成果が得られたのか
    と要素ごとに区切ってまとめなおしてみだくささい。

    そして、「高い目標に向かって努力した経験」がアピールできるような内容に書き換えてみてください。

     
    本日のエントリーシート添削は以上です!

    他にエントリーシート添削をご希望の方は、こちらの記事からお申し込みください。
    エントリーシート添削のお申し込みはこちら

    書類選考を通過しやすいエントリーシートの書き方を知りたい人は、こちらの無料の電子書籍も是非読んでみてください。
    一流企業から内定を勝ち取るための就活ノウハウ

      いいね!をして「大逆転の就活戦略」の更新情報をチェックしよう!

      コメントを残す