エントリーシート添削 自己PR(シグマクシス)

    こんにちは、上原です。

    自己PR(シグマクシス)のエントリーシート添削を公開します。

    エントリーシートでは、「高い目標を設定し、そこに向かって創意工夫と努力をした経験」を書きましょう。

    ※エントリーシート添削のお申し込みはこちら

    それでは、本日のエントリーシート添削「自己PR(シグマクシス)」です。

    エントリーシート内容:自己PR(シグマクシス)

    自己PR(企業名:シグマクシス)

    私はバランスクリエーターです。

    学生時代から今も継続している約三十人の野球チームで最年少の選手として活動しています。
    活動当初、メンバーが主に社会人であったため活動人数が集まらず、それに伴い、モチベーションが削がれ人数、質ともに低下し解散の危機を迎えました。
    私はこのチームが好きで今後も活動を続け好成績を残したいと考えていました。

    そこで学生であり時間的余裕がある私は、その状況を改善するため「私の2つの提言」を実行しました。
    内容は、①危機的な人数不足を脱却するため知人や学校に出向きスカウトする。
    ②今までは9人集まらなければ活動を中止にしていたが、2人以上集まれば練習を行いメンバー同士の連携を高める。
    という事を実行しました。

    しかし、①において、口先だけでは思うように伝わらず断られ悩んだ私は、一方通行的な伝え方を見直し、
    ①相手のメリットとデメリットを整理し図や文字に表して工夫し話し合いを続けた結果、若い選手や、元甲子園球児などの実力者が揃い、密に連携をとった結果、練習以外でも集まるようになりさらに結束が高まった。
    そして、大会でも好成績を残せるほど実力がつきました。

    これらのことは、私一人で達成できた訳ではなくて、チーム一人一人がサポートしてくれた結果です。
    私はこの経験から調整力とそれを可視化する力を身につけました。
    また、途中で投げ出さず継続していけば問題を解決できる事を発見しました。
    御社でもお客様に喜ばれる提案をチームのみんなとともに考え、共有し行動し、利益に貢献していきたいと考えています。

    添削内容

    >私はバランスクリエーターです。

    バランスクリエーターとは何でしょうか?
    自分を表す一言を探した結果この言葉に辿りついたのだと思いますが、
    「バランスクリエーター」という聞きなれない言葉を出されても、あなたがどんな人柄なのか具体的にイメージすることはできません。
     

    >①危機的な人数不足を脱却するため知人や学校に出向きスカウトする。
    >②今までは9人集まらなければ活動を中止にしていたが、2人以上集まれば練習を行いメンバー同士の連携を高める。

    これはあなたでなければできなかったことなのでしょうか?

    特に2番目の、「2人以上集まった場合も練習をした」というのは努力でもなんでもありません。

    自己アピールの裏付けとなるエピソードを選ぶときに、「自分でなければできない、他の人にはできないこと」が含まれているとより説得力が増します。

    また、今回のように努力でもなんでもないことをアピールしても、それは逆に普段の自分が努力していないことの裏付けになってしまい、自己アピールとしては逆効果になります。
     

    >①相手のメリットとデメリットを整理し図や文字に表して工夫し話し合いを続けた結果、若い選手や、元甲子園球児などの実力者が揃い、密に連携をとった結果、練習以外でも集まるようになりさらに結束が高まった。

    日本語として文章がおかしいです。

    「~~の結果、~~の結果、~~高まった。」という文になってしまっています。

    また、1分が長すぎるのでこれじゃ相手に内容は伝わらない。
     

    >これらのことは、私一人で達成できた訳ではなくて、チーム一人一人がサポートしてくれた結果です。

    私が読む限り、このエントリーシートにはチームワークについて書かれている箇所がないので、ここでチームについて書かれても違和感があります。
     

    >私はこの経験から調整力とそれを可視化する力を身につけました。

    今回のエピソードは、「なかなか野球チームに人が集まらなかったので、新しい人を募集した」ことが書かれており、チーム内の調整力のアピールにはなっていなません。

    また、「可視化する力」というのも、「図表を使って説明した」と一言書かれているだけであり、自己アピールの根拠となるエピソードとしては弱です。
     

    このエピソードでは、あなたの強みをアピールできるエントリーシートは出来上がらないと思います。

    なぜならば、一般的には「努力」とは言えないような経験を、「努力っぽく」書いているだけであり、あなたの強みのアピールにはなっていないからです。

    「高い目標」を設定して、そこに向かって「努力した経験」をエピソードとして書くようにお勧めします。

     
    本日のエントリーシート添削は以上です!

    他にエントリーシート添削をご希望の方は、こちらの記事からお申し込みください。
    エントリーシート添削のお申し込みはこちら

    書類選考を通過しやすいエントリーシートの書き方を知りたい人は、こちらの無料の電子書籍も是非読んでみてください。
    一流企業から内定を勝ち取るための就活ノウハウ

      いいね!をして「大逆転の就活戦略」の更新情報をチェックしよう!

      コメントを残す